--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

05

15:36
Tue
2006

No.075

~脳筋の唄~ 「Byakkoをぶっ叩け!」

Repも取れるようになったし、空活動での成果を調べてみた。
空活動の内容については、今後の活動に支障をきたしても困るので
ブログではあまり触れないように心がけているのだけど
戦闘データだけなら殆ど問題にはなるまい。
データの分析から今後役に立つ事柄も見えてくるかもしれないしね。

と言うことで表題の通り、白虎を殴って参りました!
白虎と言えば、空活動してる人には説明するまでもないけど
攻撃が超痛い、殴ろうにも当たらない、魔法が効かないと
吉野家的3要素を併せ持つ四聖獣最強の敵。
そんな相手に盾役たる忍者が、削り役として殴ってもいいのかyp!と
批判の声が聞こえてきそうなのだが、聞こえないフリをしておく。
いや、と言うかね。あれですよ。
普段自分がやってるスタイルをデータを調べて再確認することは
新たな方向性への指標となるわけじゃないですか。
良くない点があれば、改善できるわけでね!言い訳終わり。

で、肝心の結果なんだけど、まずは実際に見てもらいましょう
こうして見てみると、思ったより削れていることがわかる。
盾に徹してた他の忍者より上なのは当然のこととして
総与ダメ2位だったのは、素直に驚いた。割とイケるようだ。
まぁ、全然タゲ取ってないからな!ごめんなさい
一応挑発してみたんだけどね(1回だけど)
大雑把な計算をしてみると、忍者が前後挟んで不意玉受けてるから
暗黒と侍のWSダメを忍者二人の与ダメに加えてみると
私の与ダメより高くなるんだよねぇ。
被ダメによるヘイト抜けもあるけど、だからタゲ来なかったんだと思う。

もう一つ注目したところは、素の回避の部分。
編成では私は忍忍(←私)シ詩詩白だったのだけど
マンボマンボマーチマーチだった。
マーチマーチは魔法のリキャスト短縮に確実な効果があるが
白虎戦においてのマンボマンボの効果はどんなものなのか?
データを見てみると、有りと無しの忍者では素の回避が1回分しか差がない。
(受け流しは回避判定の後に判定があるので、マンボ関係ないと思う)
その時の忍者の装備は主にHPと敵対+装備だったので、少なくとも
回避+でない装備だとマンボマンボの恩恵は薄いということがわかる。
やはり歌に合った装備をするか、装備に歌を合わせた方がよさそう。
忍盾でオールラウンドに活躍できる歌は、マーチと何がいいのかなぁ。
追加された敵対心+の歌とかも悪くはないのかな?
詩人取ってすらないのでわからないけど。

今後も脳筋ぶりを発揮してRep取っていくぞ!

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。