--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

11

05:45
Fri
2007

No.0304

ブライナ

やられたね。見事にしてやられたよ。
前回の記事での検証では武器のCRT+効果はWS時に発現してないようで
Willさんの検証結果との食い違いに納得いかなかったんだけど
WillさんからCRT率に上限があるんじゃないか?との指摘を頂いた。
ああ、そんなのあったね(笑)と荒木先生ばりに思い出したよ。
確か最初の記事にも書いてたんだったっけ。すっかり忘れていた。

>更に言えば基本CRTと、基本CRT*WSCRTにはキャップがあるかもしれない。
>キーンエッジのCRTに差が無いのはキーンエッジにDEXのCRT補正は無いか
>WSによるCRT修正が高い為、全体としてキャップに達してるからと考えられる。
これだね。もともとこれを思った切っ掛けが
Studio Gobliの管理人さんがキーンエッジの検証をされてるんだけど
CRT修正のWSにも関わらず、DEXの変動によってCRT率に差が出てないことから
こう言うこともあり得るなぁ、と思ったんだった。

で、もし仮にWSのCRT率に上限が決まっており
高DEX故にCRT率がキャップで、武器のCRT+が発現してないとするなら
それを確かめるためにはDEXを低くしてCRT率を下げてやれば分かるはずだ。
キーンエッジのようにCRT修正が著しく高いのなら話は別だが
今までの検証と経験則からすると、迅はそこまで高い方でもない。

そして条件だけ変えて前と同じ検証。
対象
ワジャーム樹林のLesser Colibri
検証方法
メイン武器としてダイセクター、ウィングソードの二つを持ち替え
ボーパルブレードを150発撃ち比べてそのdmg差で判断することにした。
ボトムにはならなかったが、なるべくCRT率を下げるようDEXを低くした。
ステータスブーストを考えつつDEXを下げるのは、結構難しい。サポはナイト。
検証に関する必要値(ダイセクター)
WS修正=[STR*0,3*0,83]=[107*0,3*0,83]=26
SV=12,CRT=24%,自攻撃=342,攻防関数=1,4?(Repから判断した)

結果を出す前に断わっておくが、検証に当たって一つミスをした。
ダイセクターとウィングソードとではD値が1違うのだけど
忍者で装備できる片手剣でダイセクターと同じD値のものは
ナイトメアソードとウィングソード+1しか存在しない。
ナイトメアソードはNMドロップなんですぐに入手は不可能だし
ちょっとした検証の為だけにウィングソード+1を買う気にもなれない。
仕方なく、ウィングソードのSTR+2でWSDが1増えるようステータスを調整し
擬似的にダイセクターと同じWSダメージになるようにして検証を試みた。

ここで一つ忘れていたのが武器ランクの存在。
ダイセクターは武器ランク4で、ウィングソードは武器ランクが3。
そうするとSVで1だけウィングソードはWSダメージが劣ってしまう。
この事を忘れていたので、ウィングソードは若干だがdmgが低い。
その点は踏まえた上で、検証結果をご覧頂きたい。

さて結果
前回の千手、蝮改による迅の平均dmgには殆ど差が見られなかったが
こちらは打って変わって、目に見えて平均dmgに差が表れている。
大体34くらい。これは誤差とは言い切れないんじゃないだろうか。

これらの事から言って、武器CRTが乗っている可能性が高い。
過去の検証も踏まえて武器CRTについてまとめてみると
「WSのCRT率上限を超えなければ武器のCRT+効果は乗るが
 CRT上限を超えている場合、余剰分のCRT+効果は乗らない」

こんな感じのややこしい結論になるんじゃないかと考えられる。
乗るとも言えるし、場合によっては乗らないとも言えるってわけだ。

乗らないという点だけクローズアップされ続けてきた理由としては
私が大々的に「乗らない」みたいな記事を書いたこともあるだろうが
与ダメの追及を目指すメリポでは、気づく方が珍しいのかもしれない。
と言うのは、迅にDEXブーストによるCRT率アップ効果があるのが分かり
殆どの人が皆、CRTキャップを目指してDEXをブーストしていた。
そうするとWS時、DEXブーストしてCRTキャップに近い場合には
「CRT上限を超えている場合、余剰分のCRT+効果は乗らない」
この目くらましのような内部処理によって、千手のCRT+効果は形を潜め
Repからも体感からも、CRT+効果は乗らないとなってしまっていたわけである。
これは製作者の意図的なものか、偶発的なものかは分からないが
心理の盲点を突いた、実によく出来た仕掛けだと思う。

色々な予想は立てれてたんだけど、個人的に一番望ましくない結論が出た。
と言うのはこのCRT上限、TP依存なだけでなくWS個別に設定されてそうだから。
キーンエッジの例を見てもそうだし、R-typeさんのパワースラッシュもある。
となると次に調べる必要があるのはCRT修正のWSのCRT率の上限。
それだけでなく、TPに依存するCRT修正の仕組みの解明とかもある。
これは…何と言う面倒臭さ。考えただけで途方に暮れてしまう。
逆に考えるんだ、FF11にはまだまだ開拓する余地があるんだ、と…。

最後に余談だが、このことが忍者にどういう影響を与えるのだろうか。
多分あんまり影響は無いと思う。特にWS装備が完成してる人には。
何故かって、迅はSTRとDEXでWSDが上がるためWS装備にすると
必然的にDEXが上がって、CRTキャップに近くなるから。
キャップまでいかないにしても、CRT上昇域には入ることが多いし
わざわざ武器のCRT+でキャップを狙う必要はないってのが私の意見。
武器CRT+6%でキャップを狙うより、装備のSTR分をDEXに変えた方が
余剰分も命中+とかWSDに充てられるし、無駄にならないんじゃないかなと。
何より不動そのものにもCRT+3%ついてるし、Dも1高いしで便利と思う。

逆に言えばCRT率を全然確保できない場合なんかは千手のがいい。
場所で言えば、段丘北翡翠廟前でマムージャ狩る時とかいいかも。
あの辺はキャップにかなりのDEXを要するので、千手は好結果が出そうだ。
他には装備が成長途中な人とか、エルヴァーンの人とかに千手をお勧めしたい。
まぁ人それぞれ、好みで選んでいいレベルだと思う。

気になる部分はまだあるんだけど、とりあえずこれで終わりにしておく。
自分で蒔いた種を自分で刈り採れたようなので、よかった。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
05

11

edit
Tたる [No.932 - 10:59 2007]
WSのCRTにそれぞれcapがあるという発想はしたことなかったです 非常に興味深いです
WS毎に固有というのはややこしいですね 迅だと30-32%くらいになるのでしょうか

臨についてはこれが0になっている可能性も出てきましたか、、


>TPに依存するCRT修正の仕組みの解明
これは今後のネタにちょうど考えていました マーシャル系武器でTP+100状態作ればなんとか

マーシャルアネラル・アクスなんかはボパブレ・ランペ意外と伸びやすいですし TP修正の解明も面白そうです
05

11

edit
R-type [No.933 - 16:33 2007]
実はあまりログインできなくて検証作業のほうは遅々として進まず。
中途半端なまま1ヶ月ぐらい放置してしまっています。
CRT率のキャップはTPで変化するんじゃないですかね。
そうすると臨についても説明がつくと思ってます。

ちなみにパワスラはTP200の時点でCRT率95%まで行くようです。

レトリビュターがもっと間隔短ければ、STR完全ブーストしてレトリ持つのも面白かったのに・・・
と思う戦士さんなのでした。
05

11

edit
Nanasan [No.935 - 18:57 2007]
検証考察お疲れ様です。
臨で少しやった時にあぁこれWS固有なんだろうなとあとで気付いて
その時点でモチベを全てアルテパ砂漠においてきてしまいました。
これでカナリすっきりしましたねぇありがとうございますw

あと気になるのはWSの命中補正なんですよねぇ。
これも固有もしくはTP修正の種類毎?によってちがう気がするんですけど
WS装備で命中とステのボーダーをどこで意識するかって事なんですが、多段の場合難しいですね。capしてても迅は20%近く外すんですから。
意外と?命中無視でステ思い切り伸ばして撃つほうが好結果出たりしてなんだか・・・とボソボソいってみたり。
05

11

edit
SG [No.936 - 23:04 2007]
平均で比較するならヒット数ごとに分類しなきゃならんと思うのです。
768~74 の平均484.4と
682~227 の平均450.3じゃ
明らかに1~3+aヒットがごっちゃになってる気がすると思うのです。
分類してるならスマンカッタ
05

12

edit
jval [No.937 - 03:37 2007]
>>Tたるさん
ですねー、Willさんも書いてましたが
このことが検証結果をワケわからんものにしてたかと思います。
乗法とか加法か問題と言い、上手いことやりやがります。
迅はそんなもんじゃないですかねぇ。
あんまり高いって感じはしないですね。

私はCRT修正の検証に関しては今のところはやる予定ありません。
本来今回の検証もするつもりはなかったんですよw
他に書きたいものがあったのに、繰り上げて検証してしまいました。
CRT修正に関してですが、今のところ私としては
以前Tたるさんが記事にしてたような感じで
TP100毎に傾きが異なる線形の一次関数だと考えてます。

>>R-typeさん
>CRT率のキャップはTPで変化するんじゃないですかね。
>そうすると臨についても説明がつくと思ってます。
これは私も同感ですね。臨に関してなんですが
・TP100時のWSCRTキャップが0%
・WSCRTキャップは実は0より高いが、CRT修正が低すぎてキャップに届かない
・その両方
ってところかなぁと思いますねぇ。

これは推測と言うより想像に過ぎないんですが
迅、ボーパルブレード、ランページに関しては
WSCRTキャップ、CRT修正が似たようなもんじゃないかとも。
理由は単純に、覚える時期が近いからってだけですw

>>Nanasanさん
それはもうアルテパ砂漠にモチベーション取りにいかないといけませんね!

個人的にもうちょい気になる部分がいくつかあるんですが
例えば今回の式で乗算でWSダメージ理論値を出しましたよね。
(通常CRT+武器CRT)*CRT修正 を使いましたが
通常CRT*CRT修正+武器CRT って可能性もあるなと。
CRT修正が加法なら無関係ですが、乗法なら関係してくるので。
キャップがどこで掛かるのかも気になるところですねぇ。

WS固有の命中+に関してはWillさんがゴルゲ検証で触れてますが
単発WSをメインで使う侍、狩人には大いに関係しそうですよね。
侍スレとか狩人スレ読んだこと無いんですが
その手の話題は通の侍、狩人の間では常識なのかなぁ。

>>SGさん
今回の検証目的は「武器のCRT+は乗るかどうか」で
方法として「ボーパル一発辺りの平均dmgの差で調べる」です。
「ボーパルブレードnHITのダメージ差で調べる」なら
SGさんの指摘するような検証が正当なものなんですが
今回の検証では特に間違ってないですねー。

ヒット数にばらつきがあるものを一つの検証としてまとめたものは
居心地が悪いってのは分かるんですが、どちらも命中は同じです。
仮に、ダイセクターで撃ったボーパルブレードの総HIT数が500回なら
ウィングソードで撃った場合も、「確率的には」500回HITしてます。
平均ダメージも同じように、ボーパルミスが同数考慮されての値なわけです。
よって、HIT数毎に分類する必要はありません。
これがもしダイセクターとウィングソードで命中が違うなら
きちんとHIT数毎に分けて比較しないといけないんですがね。

ちなみに、HIT数毎に分類した場合であれば
1HIT→平均で6ダメージ差
2HIT→平均で12ダメージ差
3HIT→平均で18ダメージ差
4HIT→平均で24ダメージ差
と、理屈ではなります。
4HITのはミスしようがしまいが24以上のダメージ差が出ますね。

まぁ実際には偏りが存在するので理屈通りにはいきませんが
そこは回数を増やして偏りを均すしかないんですよねー。
CRT+の有無については大体50回ずつ撃った時点で明らかに表れてました。
回数を重ねれば重ねるほどより確かな数字に近づくと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。