--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

20

13:21
Wed
2006

No.0208

からくりサルベージャー

昨日のVer.upで追加されたサルベージに行って参りましたよ。
細かい説明とか長くなっちゃうだけなんで、公式とかここ見てね。

今回追加された装備群は、今までの装備テンプレを塗り替えるが如く
全てのジョブ、部位において神装備で、多くの人に衝撃を与えた。
それだけに入手経路となるサルベージ、気になる人もいることだろう。
私もその一人で、薄金装備とか言うのが超絶に欲しくなった。
忍者の装備としてもだけど、何よりからくり士の為に。
私は普段、ソロで活動することが大部分を占めるのだけど
目的達成の為なら大人数での活動主催などでも、労力を厭わない。
今後主催するにあたって、下見でもしに行こうかなと考えていた矢先
サルベージ参加者募集のシャウトを聞きつけたので、参加した次第だ。

集まった編成はフルアラで、確か
忍召戦モ赤詩 モモ赤青白忍 かシ黒戦赤白 だったかなー。
私はからくりで参加するようにと、リーダーから指示があった。
実は忍者も出来るんだけど、Ver.upでマトンも強くなったし
様子見にからくり士で行ってみようかな。とか思ったわけじゃないよ!
最初は全員裸な上に、アビ魔法無しなので、素手でも戦えるように
からくり士でお願いね。と言うことらしかった。

今回向かった場所は、バフラウ機構と言うところ。
バフラウってくらいだから、マムージャが出るのかと思ったら
トロールやワモーラなど、トロール傭兵団の敵が主だった。
逆にゼオルム機構はマムージャ軍っぽいんだけど、何でだろうね?
バフラウからアルザダール遺跡に入り、ワープして現地へ。
編成と少々の打ち合わせを終わらせ、いよいよ突入となった。

20061220a.jpg

入ると仕様の通り各PCに対して様々な制限が課せられる。
とりあえず全員裸の図は、奇妙としか言いようが無かった。
っていうかね、ミスラの裸は勘弁して欲しいわ。恥ずかしいし。
下着とかそう言うの超越しすぎてるもの。マッパだよマッパ。
まあ、どうにもならないことを嘆いても致し方があるまい。
その辺にいる敵を格闘で殴り、鬱憤を晴らしつつ進んでいく。

20061220b.jpg

敵を倒すことで、各種制限を解除できるアイテムを得ることができる。
必要とする人がそれを使い、アライアンス全体の戦力を強化を計る。
それを繰り返しつつ最奥を目指していた途中、見慣れぬ敵を発見した。

20061220c.jpg

この敵に関して、サルベージ記事を書いていた他のブログでは
機械系の敵だの病原菌だのと言う表現がなされていたのだけど
私には、どう見てもブルトンです。本当にありがとうございました。
ブルトンが分からない人はググっみて。恐らく賛同してもらえるはず。
こいつが一見ユニークな見た目とは裏腹に、厄介な敵だった。
このSSでは一体だけなんだけど、三体で1セットの奴もいる。
蝉貫通のWSが多く、中には範囲ヘヴィ効果が付加しているものも。
三体では一体に比べWSの範囲、威力が上がっており、危うく崩れかけた。

相手にしてられんということで次の層に向かうと、またもブルトン(仮)。
が、ここのは襲ってくることがなく、反応するとテレポしていった。
どうも見つかってしまうと、最後のボスが強化される仕組みに思える。
時間が無いので構わず進んでいくと、またも変なのを発見。
主催が囮釣りしてみると、成功した?らしく引き抜きに成功。
あまり強くもなく、普通に倒せはしたものの何も無し。
何か仕組みがあるとは思うんだけど、初日だし分からなかった。
まぁこの辺りは追々判明してくることだろう。

20061220d.jpg

そして遂に最終層へと到着。この時点で残り10分。
ボスっぽいのがいたので、とりえあず皆で殴りかかってみる。
からくりでもそこそこ当たり、少しはダメージ出たので
堅くは無いと思うんだけどHPゲージが減らない。HPは結構多そうだ。
範囲WSが痛く、回復が間に合わなずジリ貧になって半壊。
今回は制限時間のこともあり、ここで終了となった。

20061220e.jpg


からくりで参加してみた感想としては、結構使えるように思う。
序盤では武器が無くても普通に格闘で活躍はできるし
Ver.upでの強化のおかげか、中盤以降もマトンが結構強い。
特に追加されたWSはかなりの威力が出ていた。
ただ、シェリルさんも記事にしているけど注意点がいくつかある。

まず、サルベージ始まった時点で出してるマトンは消える
なので突入直前にマトンを出したりすると、20分呼べなくなる。
マトンの持込が不可能だと言う事はつまり
アビリティの開放までマトンが呼び出せない
次に、遠隔装備の開放が無いとマニューバとリペアーが使用不可
マニューバは正直無くても何とかなるが、リペアーが無いと厳しい。
範囲攻撃もあるので、確実に12個はルブリカント+2は必要。
最後に、マスターに課せられた制限がマトンにも適用されること
これが最重要項目。しっかり覚えておかないとヤバイ。

どういう事かと言うと、マスターが魔法使用不可能状態であれば
魔法マトンを呼んでも、MPの有無に関係無く魔法を使うことがない。
魔法の制限解除は貴重なので、後衛陣に回すのが最優先。
従って、ここは白兵/白兵か射撃/射撃マトンを呼び出そう。
HP制限等もマトンに影響するので、最低でもHP制限は解除したい。
私はこれらのことについて、解除アイテムを優先してもらうように
突入前に主催者さんと話をしておいたので、流れはスムーズだった。

まあこんなところかなー。前衛はサポ忍意味無いってくらいで。
サポ用に侍上げないといけなくなったなぁ…。
一区切りついたのでここまで。攻略編として、続きを書くかも。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。