--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

25

08:32
Sat
2006

No.0180

Laughter Mania2006レポ

遅くなりましたが私Jval、Cerberusサーバーにて開催された
お笑いの祭典「Laughter Mania2006」へ参加して参りました!
ケルベロス鯖の芸人だけではなく全ワールドのお笑いの申し子達が
サーバーと言う垣根を越えて集う、年に約一度のフェスティバル!

ケルベロス鯖に知り合いがいるわけでもないので
どうやってケルベロス鯖へ行くかと考えていたら
WP提供板にいくつかパスがあったので、それを使わせてもらった!
提供者さんありがとう!

早速Jvalで作成。Jvalって名前はさすがに居ないみたい。
重くなるのを見越して、処理が軽くなるようタルタルで参加してみた。
イベントに参加している人達のサーチコメントを見てみると
他サーバーからの参加者も多数いるようで、開催前からすごい賑わい。
私以外にもおでんからの見学者もちらほら見受けられた。
電撃の人とかも居たんで、記事になったりするかも?
ちなみに私はこんなサチコだったよ!

20061125a.jpg

(※以下、ヴァナ芸人の方以外はモザイク処理をしてます)

私が参加するのは今回が初めてで例年の様子を知っているわけではないが
いつもはやや閑散としたウィンダスには人が溢れ、活気に満ちていた。
ウィンダスでの開催が多いのは、やっぱりサンドリアやバストゥークに比べて
自由で奔放な国風だからかな?音楽ものどかだしねー。
エリア自体が広く、視界を遮る障害物も少ないため
ステージとして利用するには最適と言う地理的な理由もあるかもしれない。

私が最初に見に行ったのは、水の区耳の院前で行われる
「吉本るみね」さんと言うタルタルの一人舞台。
この人はかなり有名らしく、18時で開演前だと言うのに
ステージ前には多数の人だかりが出来ていた。
舞台の踊り子には手を触れないで下さい!では無いが
地面の芝の部分を境界として、客席とステージが隔てられていた。

時計を見れば18時まで後5分。いよいよ開演の時が迫る。
開演時の諸注意が実行委員の一人から説明される。
更に企画委員長が居合わせており、開催挨拶があった。
否が応にも高まるテンション。

と、そこへイベントを妨害する目的の一団が現れた。
何かごちゃごちゃと言っていたのだが、徹底的にスルーされていて笑えた。
確かにあれだけの人数がウィンダスに集結し、興味が無い人には
迷惑以外の何物でも無いかも知れない。批判もあるだろう。
ただ、/anonにして何を喚こうが説得力も何も無い。
ああ言うのは単純に叩く事だけが目的な奴らだろう。
本当に文句があるのなら、堂々と批判してくればいい。

皆の華麗な受け流しスキルのお陰で、ばかどもwは途中で消えていった。
これで落ち着いて芸人さん達に集中できると言うものだ。

吉本るみねさんは、何度も参加しているだけあり
アドリブも交えたネタを披露して、私達を楽しませてくれた。
どんなネタをしたかは当日参加した人達だけの特権だと思うので
詳しく書くのは避けるが、Ver.upネタ、魔法学校ネタ、詩人の称号ネタ
GMコールネタ、セルビナの石碑ネタ、ビシージネタなどなど、多彩だった。
私が一番面白かったと思うのは、GMネタかなー。オチが良かった!

20061125b.jpg

時間にして40分くらいで1回目の公演は終了。休憩を挟んで3回ほどやるらしい。
芸人らしき人のサチコで、20時からやります。と記載があったので
その場に放置して私も夕食などを済ませて来た。

そして20時。次の芸人さんの芸がスタート。
今度は「コシヒカリ」と言う、一人二役のタルタルヒュームコンビ。
名前になぞらえてか、どちらも白マンドラ帽子を被っていた。
あれはどっちが本体だったんだろうか?ヒュームの方かな?
芸風に「観客いじり多数」と書かれてあったが、私も弄られた。
ネタとしては、二人である事を活かした掛け合い漫才。
冒険者をモンスターからの視点で捉えた題材だった。
2キャラ動かすのは大変そうに見えたが、なかなか面白かった。

20061125c.jpg
しかし腹虫はねーよwwwwwwwwww

コシヒカリさんのコント(?)も終わり、次はどこ行こうと散策していると
街の中に見慣れぬモーグリを発見。
話しかけてみると、□eが微力ながら協力しているらしく
ただ今Laughter Mania2006開催中クポ とか宣伝をしていた。
正直かなりやる気無さげな言い方が気になる。
句読点付けるくらいしたらどうか。改行くらいしたらどうなのか。
とりあえず、西サルタバルタへ向かってみる事にした。

20061125d.jpg

西サルタバルタは他の場所とは違い、一つのステージに
五つの芸人団体が集い、限られた時間枠でパフォーマンスを行う。
私が見たのは「アドリブ芸人Sigld」と「HQSHOP」の二組。
Sigldさんのネタは、客席から名言を振ってもらってそれを弄るもの。
こっちがいいネタ振らないとやりにくそうではあったw

20061125e.jpg

HQSHOPさんのは各ジョブの特色を替え歌にしたもので
赤、ナイト、エースとかがあったかな?
ポケモンマスターを替え歌にして歌っていた。
ああ言うネタは好きなので終わりまで見ていたかったのだが
時間が迫ってたのでウィンダスへ戻る。
この後に電撃の旅団と他の芸人さん達との絡みもあったらしい。

最後に、短時間で終わりそうなもので
Catsbellというミスラグループのダンスがあったので、それを見に行った。
ダンスと言えば、タルタルダンサーズが有名なので一回見てみたかったのだが
事前予約者だけに配られるパールで連絡されるLS会場とやらでのみ
公演が行われるようで、一般参加者である私は見にいけなかったのだ。

さてさて、内容はと言うと愛くるしいタルタルのダンスとは一味違い
4人のミスラが途中生着替えを挟みつつ踊る、華やかなものだった。
私もミスラ使ってるから分かるけど、躍動的なエモが多いから
見ていて元気になるようなものが多いね。一部間抜けなのもあるけど。
ラグのせいか途中着替えに失敗してたりしてたけど
ミスラスキーには堪らないダンスだったんじゃないだろうか!

20061125f.jpg

時間が来たので、ここで私は退場となった。
本当は最後のエンディングまで参加したかったなー。
でも、あそこまで盛り上がっていたのだから
きっとエンディングも綺麗に〆れたに違いない。

今回一番驚いたのは、実行委員の人達の力の入れよう。
参加者である私達が楽しめたのは、彼らの力無くしては有り得ない。
各持ち場での司会進行や諸注意など、表舞台での活動だけでなく
モーグリのいる場所に、何処でどの芸人さんが公演しているのか説明する
ガイド的役回りをする裏方さんの配置などなど
イベント企画者の労苦は、計り知れないものであったと思う。
ガイドさん達の掛け合いが一番面白かったのはここだけの話wwww
おでん鯖の単なる一プレイヤーに過ぎませんが、感謝致します。
本当にお疲れ様でした。驚きと笑顔、そして感動をありがとう。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
11

25

edit
みかん [No.352 - 15:32 2006]
みかん←ケルベロス鯖のヌコ
ししし、知り合いから ははは、はじめませんかっ(>_<
11

25

edit
jval [No.353 - 19:06 2006]
犬鯖なのに、ぬことはこれ如何に!
みかんさんがケルベロス鯖とは知らんかったw

残念ながら今月でケルベロス鯖のJval君は消えます。
120円だからと言って、なめちゃいけませんよ!
そこの認識を誤魔化す輩は生涯地を這う…!
月末まではケルベロス鯖観光をすると思うので
サーチしたらいるかもしれませんYO!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。