--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

12

22:16
Thu
2006

No.0127

シーフ…恐ろしい子!

そろそろ次回バージョンアップの告知が増えてきたんで
忍者とからくりには殆ど関係無さそうだったが、久々にメリポを稼ぎに行った。
からくりのメリポも終わらせておきたいのでね。

相変わらず誘われそうにないサーチコメントで放置していると
戦シ白赤コのPTに誘われた。
これは流石にメイン盾として挑発せねばなるまい。
詩人がいないのが気がかりではあったが、戦士とシーフが居り
コルセアを最大限に活かせる編成なので問題ないだろう。

狩場を決めるときの雑談で気がついたのだが、どうも魔笛が奪われているらしい。
リーダーが先程までカダーバの浮沼で狩りをしていたらしく
がら空きだったそうなので、船で移動することにした。

アトルガンジョブのAFクエストも多くの人が一段落着けたのか
船に乗っている人は我々PTメンバー6人だけだった。
…と思ったら、ランク1の裸エルメスが乗っている。これは何だろう?
PTメンバーと話をしてみるに、ナシュモでは寿司の材料が売ってるらしく
その為の倉庫移動じゃないか?という話だった。
忍具なんかも売ってるらしい。初耳だ。
たまに覗けば忍具を安く仕込めるかもしれないので、覚えておこう。

ただ待つだけというのは暇なものだ。
皆思い思いに時間を過ごし、ナシュモへの到着を待っているようだった。
リーダーのコルセアさん達は釣りをしているらしい。
私も甲板に出てみることにした。

顔を合わせて初めて気がついたのだが
ミスラ4人、エルメス、エル男の種族で構成されているようだ。
ハーレムパーティと言うものに興味は無いが、面白かったのは
四人のミスラのうち、一人として同じフェイスが居なかったことである。

知っての通り、フェイスタイプには人気の高いものがある。
ミスラの中ではセミ・ラフィーナタイプ(F6)
ミリ・アリアポータイプ(F7)の2種が人気を二分しており
ミスラが複数いるPTだとこのフェイスで占められることも珍しく無い。
しかし今回のPTは、F2,F5,F6,F8とバラエティに富んでいた。

移送の幻灯を使わずに、船旅と言うのもたまには良い。
空には夜の帳が降りつつあり、潮風が肌寒く感じられた。
遠くに黒い噴煙を上げたゼオルム火山が見える。
あそこも狩場として有名な場所だが、危険は無いのだろうか?

20061012a.jpg

などと考えていると、リーダーが巨大な魚を釣り上げた。
オロボン。提灯鮟鱇とも冒険者の間では呼ばれるようだ。
アトルガン近海に生息する魚らしく、普段は温厚らしいのだが
一度怒らせるとその見た目通り、手が付けられなくなるらしい。
リーダーはスニークをかけていた為、絡まれることは無かった。
私はと言えば、初めて目にするその異形に驚きつつも、SSを撮っていた。

20061012b.jpg

「まもなくナシュモに到着します。」
船長の声が到着を告げる。気づくと辺りは次第に霧がかってきていた。
キキルンの街、ナシュモに近づいた証拠だ。
どのような狩りになるのだろう。私の中で期待と不安が交錯する一方で
寡黙に船室に閉じ篭っていたエル男戦士が
エプロン姿からアダマンホーバークへと装備を整えていた…。
--------
何か書いてるうちに旅行記みたいになってきてたので
いっそのことそれっぽく書いてみた。
ここから普通になるよ!

狩場はカダーバで、釣り役は無しの移動狩りがメイン。
最初は混んでる上に、業者らしきPTがアライアンス組んで狩ってたりして
敵が枯れまくりだったんだけど、後半独占っぽくなって
最終的には147チェーンまで繋がった。

私はいつもの装備で、武器が不千。
エル戦士がアダマンホーバークに白虎とワラーラ、ダスク手で
武器がマンイーターとジュワユースかな?よくわからなかった。
猫シーフがワラーラとラッパラリーハーネス、他ホマムで
武器がブラオシロッコのヘイスト装備。
食事は全員寿司だった。

そしてRepがこれ
猫シーフがツェーツェー。ここまで強いシーフと組んだのは初めて。
突特効の敵が多いとは言え、バーサク無しでここまで肉薄されているとは。
前々から、装備を突き詰めたシーフが強いとは知っていた。
それでも、戦士さんも弱い戦士では無かったはずなのに
これ程の差を見せつけられると素直に驚くしかない。

私(忍者)が通常攻撃で与ダメを稼ぐのに対して
シーフはWSで与ダメを稼いでいるようだ。不意無しでもダンスが強い。
それと武器が短剣なのとTアタックのせいか、手数が無茶苦茶多い。
これがWSによる総ダメージに拍車をかけているのだろう。
猫シにしては通常攻撃のCRTが低いのが気にはなる。
武器にCRT+が無いとは言え、シーフでもこんなものなのかなあ。

あと思ったのは、浮沼は敵が弱いせいかメヌメヌ無くても全然いける。
それよりコルセアのローグズロールによる効果が非常に大きく思えた。
浮沼はシーフコルセアの組み合わせが良さそう。
もちろん挑発があったほうがいいことに変わりは無いから
前衛2枠は忍戦ってことになっちゃうんだけど。
今回の編成はベストであったと言えるんじゃないだろうか。
久々のメリポではあったが、与ダメも出ており
被弾率も5%と、なかなか好結果だったのでよかった。

早くからくり調整こないかなぁ。メリポのカテゴリ2には期待したいんだけど…。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
10

13

edit
しーく [No.103 - 21:21 2006]
短剣メリポ0でも17/h前後いくからすごいですよね・・・。
不意なしでもダンスが強すぎデス。
変わりにPTの動きに左右されやすいのが悩みでしょうか。

フレがマンダウ完成したのに、まだ1度もメリポに行けてないのが悲しいです(/ω\)
10

14

edit
jval [No.104 - 02:16 2006]
リディル戦士とも組んだし、今回ので強いシーフとも組めたので
黒帯廃モンクか、そろそろレリック持ち辺りと組んでみたいなぁとは思います。
だからしーくさんのように周りにレリックが揃ってる環境は羨ましいw
レポ楽しみにしてます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。