--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

04

19:26
Wed
2006

No.0118

[おめでとう!][ガルカ][シーフ]

とうとうMaxilさんが当初からの目的であった
シーフでの聖牛ソロを達成されていた
Maxilさん自身は思うところがあるようだけど
とりあえず私は偉業への賞賛と、我々を驚嘆させてくれたことに感謝しつつ
ここに紹介しておくものである。

私も前回遁術禁止で聖牛をやってはみたが
これを見て弱体忍術禁止で挑戦してみようという気持ちが強まった。
とは言え、無策でいきなり挑戦して勝てるか?
多分無理だろう。負けるにしても次に繋がる負け方をしたい。
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と孫子にはある。
まずは事前準備からだ。

前回の装備を見ると、こういう感じ。

20061004a.jpg

これで素の回避率が55%だった。
但し、これは暗闇の術があっての話。
忍術縛りとなると、術の分の命中-は見込めないことになる。
それなら、装備による回避アップでその-分を補う他に無い。
暗闇の術が命中-30位らしいので、回避+2で回避率+1%と考えると
聖牛の強さにもよるが、回避キャップを達成するためには
440~460くらいの回避が必要と考えられる。

参考として、Maxilさんの装備をシミュレートしてみる。
正確な値はわからないが、大体こんな感じだろうと思う。

20061004b.jpg

まさに上の装備での回避と、回避キャップ想定値がほぼ一致
実際Repでも回避率はキャップだったようだ。
この辺りは恐らく計算してのことだろうと思う。

私に関してみると、前回の装備だと回避が全く足りない。
そこで、サポシにして手持ちの装備で回避を上げてみる。

20061004c.jpg


これでもまだ全然回避が足りない。装備を揃えなければならない。
まずはウィンドリングだろうか。
聖牛以外にも使えそうだし、取っておいて損は無さそうだ。

前回の時間的な縛りもあるし、装備も整えないといけないので
すぐには挑戦できないが折を見てやってみようと思う。
とりあえずは他にやりたいことがあるので、それから片付けよう。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
10

04

edit
Maxil [No.75 - 21:12 2006]
脚が
ウォーブレー×→レイブンホーズで、
元元の想定では魔戦隊長制式手袋 回避スキル+10を使う予定だったんです。
ところがバルドニアがサンドリア支配で使えなくなり、
とりあえずウォーグローブ+で妥協。
今回は勝つことをあきらめて射撃も捨てて、やけくそでウングルブーメランにしました。
前回の記事の回避キャップ想定値にしてれば、暗闇いらないかの確認のために・・・
ちなみに射撃も必要だと思ってた理由はブラインは捨てても、
無敵中の毒と、ディフェ中のブラッディーは火力的にいるかなと思ってたんですが、
結果は見てのとおりw
10

05

edit
jval [No.77 - 00:53 2006]
なるほど。魔戦隊長制式手袋っていうのもあるんですね。
それとレイヴンホーズか…。回避460はさすがに厳しそうだなぁ。
空蝉弐の4枚防御に期待で…。

それにしても、何ていうか拍子抜けの結果ですね。
あれだけ苦労を重ねてたのに、ヤケクソで行った1回で勝つとは。
勝負ってのはそんなもんなのかもしれないですねぇ。

言っちゃうと、前回は勝算ありで臨んだんで勝てるとは思ってました。
忍術縛りも勝算が全く無いでもないのですが、どうなるやら。
多分維持そのものは出来ると思ってるんですが、時間内に削りきれるかどうか…
この辺りをMaxilさんも苦悩してらしたんでしょうね。
まぁそのうち行ってみます。
からくりでも行ってみたいですが、今日書いた記事の通り話にならないと思いますw
10

05

edit
Maxil [No.79 - 09:35 2006]
FFXIEQのメリポ項目反映してないんじゃない?
ちょい回避が低すぎる。
10

05

edit
jval [No.81 - 14:21 2006]
ミスラで回避メリポ振ってもこれが限界で…。
後は装備で回避は工夫するしかないですねぇ。
ステータスメリポでAGI増やすとかもできそうですが
さすがにそこまではやりたくないw
10

05

edit
Maxil [No.83 - 16:34 2006]
ガルカの項目しか見てないからかなw
基本的に回避450はキャップにいるみたいです。
ま~忍者はキャップしてなくてもなんとかなりそうだけど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。