--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

22

19:29
Thu
2007

No.0368

さすがに源氏の鎧は格が違った

アルタナ発売日にメリポ記事とか、空気が読めてないにも程があるんだけど
だってアルタナの神兵買ってないんだから、しょーがないじゃない。
前評判だけで、実際のところはこれから分かるんだろうし
その辺りは他のブログで読んで、感触でも掴んでみたいかなあ。

さて、今回は両手武器強化されてた期間には珍しい、忍者3人のメリポPT。
今までも、前衛皆忍者な記事は幾つか書いてきたんだけど
この時は鬼哭を除いて最高峰の装備を持ってる人達と組めたので
鬼哭と薄金が無い私がどの程度やれるのかを試してきた。
言わば、薄金有りと無しで実戦においてどの程度の差が出てくるか。

編成は忍忍忍白赤詩。一昔前はよく見られた構成だね。
装備面は、白赤詩さんについては特筆するところは無かったので省略。
他の忍者さんは二人いるので、ここでは区別を付けるために便宜上
忍1
薄金全部+ダスク手HQ+甲賀手甲所持。武器は不不(or千不)
通常は薄金胴と薄金足で、他はヘイスト重視。
忍2
薄金足+甲賀手甲所持。武器は不ペル(or千ペル)
通常は乱波胴改と薄金足で、他はヘイスト重視。
として、以下の記述に用いていくことにする。
私についてはプロフィール欄に書いてある装備で、いつもと変わらない。

Rep
雑感だけで言うと、まず時給が過去最高。今までのに比べて格段に高い。
固定PTとか、コリブリ乱獲ならこの数字はそれ程でもないかもしれないが
適当に集まった野良PT、翡翠廟前で普通はここまでの時給は出ないと思う。
装備も関係あっただろうけど、これは偏に各自のスキルが高かったからだろう。
それぞれに思うところ、反省点はあったとは思うが
普通に組んでいて、どうこう言うような箇所は無かったはず。

忍1さんは私より完全に装備が上を行っているので
与ダメで負けること自体はそれ程不思議なわけでもない。
けど、パッと見だと忍1さんと私との与ダメ差は1000も無いのが分かる。
この理由としては、忍1さんがサブ盾役を買って出てくれたからで
私は殆ど挑発をしてないから、与ダメ差はその分縮まっているわけである。
実際のところ、もし私がサブ盾役をやってたらこの差は広がっていただろう。

与ダメの差に開きが無い理由として、もう一つ。
これも見てもらえばすぐ分かることだが、忍1さんのWSダメが低い。
ディアとかのタイミングでダメージに幅が出るのは仕方が無いとしても
不不なのにサブペルの他二人より下なのは、やはり低いと思う。
話からすると、普段メリポは侍でやってるとのことなので
忍者用のマクロが不十分だったんじゃないかと思う。
あと、WS装備の胴が薄金だったこともその一因じゃなかろうか。
WS時にはシーフや忍者を除けば命中は十分足りるはずなので
STR+DEXが4多い分、薄金より麒麟大袖の方が優秀だと思う。
私に関しても、マムージャ相手と聞いて急造した不完全なマクロなので
WSダメージはこのRepで出ている数字よりは、まだ上がると思う。

にしても、忍2さんと20も差が出てることが少し気に掛かる。
色々考えられるけど、倶毘羅の数珠とか持ってたりするのかもしれない。
確かエインヘリヤルの主催をやってた人だし、あり得る話だ。
この人については装備、動き、全てにおいて何も言うことが無い。完璧だった。
一応私の方が与ダメージとしては上を行ってはいるんだけど
それは私がダスク手HQ持ってるのと、挑発してないからってだけで
「勝たせてもらった」感があるのは、拭いきれない。
挑発回数が同じだったら、与ダメージは殆ど同じか
場合によっては抜かれていた、と言うことも十分考えられる。

私に関しては、回線切れが多発して満足に動けなかったことと
挑発の6回、これが有効な場面だったのであればともかく
無駄に挑発したとしか思えないので、それらの点が心残りではある。
後衛さん方については、皆上手かったので言うことは無い。
殲滅速度が速かったので、詩人さんは釣りが大変そうだった。

薄金胴+足、乱波胴+薄金足、乱波+風魔足の比較として考えて見ると
やっぱり薄金胴+足の方が乱波+風魔足よりは強いようだ。
仮に挑発回数が同じだったとして、大雑把に計算してみる。
さすがに挑発1回で攻撃1回分減るとは思えないので
挑発2or3回=攻撃1回分として考える(ここでは2回=1回としておく)
忍1さんと私の挑発回数差は93回あるので、攻撃としては47回。
一発の平均が64.7なので、65*47*2*0.95≒5804
47回殴った分増えるWSの回数が4回とすると、626*4=2504
迅のダメージが忍2さんと同じ、672だったとすると、46*173=7958
(6110+2504+7958)*60/96=10166
大体1時間当たりの与ダメ差に、1万くらい出るようだ。
これがエルヴァーンとかだったら、1万は間違いなく差が出るだろう。
乱波胴+薄金足に関しては計算が面倒なのでやらないけど
これは風魔と薄金足で、そこまで差は出ないんじゃないかなあ。
TP100までの振り数が変わるなら薄金足の方が与ダメでは若干有利
風魔だと、蝉のリキャスト分だけ防御面では若干有利ってところかな。

全体として見ると、特に文句のつけようもないPTだったとは思うが
忍1さんがやっていたサブ盾役を、私がやっていた方が
タゲ率のバランスは更に良くなり、時給も上がったかなと思う。
今回は挑発しなくていいと言ってもらえたので、甘えさせてもらった。
忍1さんが侍になる、と言うのも一つの手ではあると思うんだけど
ただでさえ殲滅速度が速かったのに、これ以上速くなっても
敵の供給が追いつかなくなりそうなので、挑発の無い侍よりは
空蝉も1枚多く、安定感のある忍者で良かったんじゃないかと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。