--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

30

15:57
Fri
2007

No.0369

麒麟引っ張りまわしてみた

ついこの間知ったんだけど、ヘイトの検証が進んでるらしいね。
あましょくさんこの記事で解説や、補足がされているのを見かけた。
元ページが英文なんで軽くしか目を通して無いけど、あれは凄いね。
各魔法、アビリティのヘイトが数値化までされているのには驚いた。
私も前からやろうとは思っていたんだけど、あそこまでは出来なかったと思う。
せいぜいが、魔法ヘイトの強弱関係くらいまでしかまとめられなかっただろう。

で、このままだと紹介だけで終わってしまうのでこれを用いた実例でも載せてみる。
上の記事に沿うと、タゲを取るためには
・蓄積ヘイト(10000?)をキャップまで稼ぐ。下がったらまた稼ぐ。
・蓄積ヘイトがキャップしたら、揮発ヘイトを稼ぎ続ける。
・ヘイトを減らす行動は避ける→なるべくダメージを受けない。
大体こんな感じで動けばいいらしい。
数値化とかはともかく、結論的には上のに近いものが分かっていたので
(蓄積ヘイトのキャップ、敵対心装備の効果とかは分かってなかった)
それに基づいて動いてみた結果を記事にした。

今回例として挙げるのは、麒麟戦における忍盾がどの程度機能するか。
実データ自体は以前書いた忍者での与ダメージの時に取っていたんだけど
ヘイトの検証が面倒で先送りにしていたので、ここまで遅くなってしまった。
魔法でのタゲ取りが目的なので、忍/暗と忍/赤の二通りで試している。
また、基本はマラソンなので範囲外のためにRep漏れなどがあると思うので
完全に正確なデータであるとは言えない、と言うことを先に述べておく。
まあでも大体は合ってると思うけど。
装備は敵対心装備はそんなに効果無いと思ってたので
MP+とリキャストを考えてヘイスト装備で固めてある。

サポ暗
って、改めてデータとして見てみたらどうもおかしいところがある。
フィルタかけてないはずなのに、戦士の与ダメとか反映されてない部分があった。
まぁ昔のことだしどうにもならないので、一応載せておこう。
さすがにタゲ率78%はいってないだろうけど、半分以上は取れてたはず。
スタンが効かないので、MP効率のいいスリプルを主体にした。
アスピルも消費MPに対してのヘイト値が高いので、使えるときには使った。
サポレベルのアスピルで、MP吸えないのに本当にヘイト稼げるのか?
って思う人もいるかもしれないけど、0吸収でもヘイトは稼げるっぽい。
リキャスト1分だから連続して使用出来ないのが難点だと思う。

サポ赤
こちらはリキャスト、キャスト共に短いディスペルを主体に使用した。
ただ、ディスペルばっかりだとMP的にキツイ場面もあったので
消費MPの少ないスリプルや、忍術も混ぜてヘイトを稼いでみた。
サポ暗よりはRep取れてると思うので、こっちの方が正確じゃないかなー。

結果から言って、結構タゲは取れているんじゃないかと思う。
敵がHNMなど、殴りでタゲを取れないような相手に対しては
サポ戦士でタゲを取ろうとするより、サポ暗や赤が有効そうだ。
麒麟戦に限って言えば、サポ暗の利点であるスタンは入らないし
ファストキャスト、ファストリキャストがある分サポ赤が楽だった。
忍者でも、盾として活躍できないことはないように思える。

とは言え、やっぱり赤と比較すると見劣りするのも確かだと思う。
使える魔法、詠唱速度、魔法防御、アビリティの面で上を行かれるし
もともとのMP量や、リフレ装備の有無とかでMP周りが全然違う。
忍者だとリフレやデヴォージョン無しにはMPが足らなくなることが多かった。
個人的には、忍者としては回避しながらの盾に憧れるのだけど
回避装備だとMPが少なくなるし、回避出来ない魔法、WSを持つ敵も多い。
空蝉がデフォルトで使えるから、サポ暗が使えるってのが利点かなあ。
赤よりも周りのサポートが必要になってくるのは間違い無いと思う。
動画が撮れりゃもっと参考になるデータになるんだけどね。
さすがに自分以外を撮るのは問題が出てくるので難しい。

まあでも苦肉の策とは言え活躍できるレベルではあるだろうし
忍者で盾出来ない!って嘆いてる人には一考の余地があるんじゃなかろうか。
サポ赤いいよサポ赤。
スポンサーサイト
11

22

19:29
Thu
2007

No.0368

さすがに源氏の鎧は格が違った

アルタナ発売日にメリポ記事とか、空気が読めてないにも程があるんだけど
だってアルタナの神兵買ってないんだから、しょーがないじゃない。
前評判だけで、実際のところはこれから分かるんだろうし
その辺りは他のブログで読んで、感触でも掴んでみたいかなあ。

さて、今回は両手武器強化されてた期間には珍しい、忍者3人のメリポPT。
今までも、前衛皆忍者な記事は幾つか書いてきたんだけど
この時は鬼哭を除いて最高峰の装備を持ってる人達と組めたので
鬼哭と薄金が無い私がどの程度やれるのかを試してきた。
言わば、薄金有りと無しで実戦においてどの程度の差が出てくるか。

編成は忍忍忍白赤詩。一昔前はよく見られた構成だね。
装備面は、白赤詩さんについては特筆するところは無かったので省略。
他の忍者さんは二人いるので、ここでは区別を付けるために便宜上
忍1
薄金全部+ダスク手HQ+甲賀手甲所持。武器は不不(or千不)
通常は薄金胴と薄金足で、他はヘイスト重視。
忍2
薄金足+甲賀手甲所持。武器は不ペル(or千ペル)
通常は乱波胴改と薄金足で、他はヘイスト重視。
として、以下の記述に用いていくことにする。
私についてはプロフィール欄に書いてある装備で、いつもと変わらない。

Rep
雑感だけで言うと、まず時給が過去最高。今までのに比べて格段に高い。
固定PTとか、コリブリ乱獲ならこの数字はそれ程でもないかもしれないが
適当に集まった野良PT、翡翠廟前で普通はここまでの時給は出ないと思う。
装備も関係あっただろうけど、これは偏に各自のスキルが高かったからだろう。
それぞれに思うところ、反省点はあったとは思うが
普通に組んでいて、どうこう言うような箇所は無かったはず。

忍1さんは私より完全に装備が上を行っているので
与ダメで負けること自体はそれ程不思議なわけでもない。
けど、パッと見だと忍1さんと私との与ダメ差は1000も無いのが分かる。
この理由としては、忍1さんがサブ盾役を買って出てくれたからで
私は殆ど挑発をしてないから、与ダメ差はその分縮まっているわけである。
実際のところ、もし私がサブ盾役をやってたらこの差は広がっていただろう。

与ダメの差に開きが無い理由として、もう一つ。
これも見てもらえばすぐ分かることだが、忍1さんのWSダメが低い。
ディアとかのタイミングでダメージに幅が出るのは仕方が無いとしても
不不なのにサブペルの他二人より下なのは、やはり低いと思う。
話からすると、普段メリポは侍でやってるとのことなので
忍者用のマクロが不十分だったんじゃないかと思う。
あと、WS装備の胴が薄金だったこともその一因じゃなかろうか。
WS時にはシーフや忍者を除けば命中は十分足りるはずなので
STR+DEXが4多い分、薄金より麒麟大袖の方が優秀だと思う。
私に関しても、マムージャ相手と聞いて急造した不完全なマクロなので
WSダメージはこのRepで出ている数字よりは、まだ上がると思う。

にしても、忍2さんと20も差が出てることが少し気に掛かる。
色々考えられるけど、倶毘羅の数珠とか持ってたりするのかもしれない。
確かエインヘリヤルの主催をやってた人だし、あり得る話だ。
この人については装備、動き、全てにおいて何も言うことが無い。完璧だった。
一応私の方が与ダメージとしては上を行ってはいるんだけど
それは私がダスク手HQ持ってるのと、挑発してないからってだけで
「勝たせてもらった」感があるのは、拭いきれない。
挑発回数が同じだったら、与ダメージは殆ど同じか
場合によっては抜かれていた、と言うことも十分考えられる。

私に関しては、回線切れが多発して満足に動けなかったことと
挑発の6回、これが有効な場面だったのであればともかく
無駄に挑発したとしか思えないので、それらの点が心残りではある。
後衛さん方については、皆上手かったので言うことは無い。
殲滅速度が速かったので、詩人さんは釣りが大変そうだった。

薄金胴+足、乱波胴+薄金足、乱波+風魔足の比較として考えて見ると
やっぱり薄金胴+足の方が乱波+風魔足よりは強いようだ。
仮に挑発回数が同じだったとして、大雑把に計算してみる。
さすがに挑発1回で攻撃1回分減るとは思えないので
挑発2or3回=攻撃1回分として考える(ここでは2回=1回としておく)
忍1さんと私の挑発回数差は93回あるので、攻撃としては47回。
一発の平均が64.7なので、65*47*2*0.95≒5804
47回殴った分増えるWSの回数が4回とすると、626*4=2504
迅のダメージが忍2さんと同じ、672だったとすると、46*173=7958
(6110+2504+7958)*60/96=10166
大体1時間当たりの与ダメ差に、1万くらい出るようだ。
これがエルヴァーンとかだったら、1万は間違いなく差が出るだろう。
乱波胴+薄金足に関しては計算が面倒なのでやらないけど
これは風魔と薄金足で、そこまで差は出ないんじゃないかなあ。
TP100までの振り数が変わるなら薄金足の方が与ダメでは若干有利
風魔だと、蝉のリキャスト分だけ防御面では若干有利ってところかな。

全体として見ると、特に文句のつけようもないPTだったとは思うが
忍1さんがやっていたサブ盾役を、私がやっていた方が
タゲ率のバランスは更に良くなり、時給も上がったかなと思う。
今回は挑発しなくていいと言ってもらえたので、甘えさせてもらった。
忍1さんが侍になる、と言うのも一つの手ではあると思うんだけど
ただでさえ殲滅速度が速かったのに、これ以上速くなっても
敵の供給が追いつかなくなりそうなので、挑発の無い侍よりは
空蝉も1枚多く、安定感のある忍者で良かったんじゃないかと思う。
11

21

03:56
Wed
2007

No.0367

え、バージョンアップあったの?

そんな感じです。
11

19

05:53
Mon
2007

No.0366

前回の「徒然日記」の記事中に
一部、特定ジョブを軽視するような表現が見られたので
当ブログ管理人であるjvalが、ここに深くお詫び致します。

尚、該当記事に関しては特定個人に向けられたものではないので
自戒の意味を含め、修正は行わずそのままの状態で公開しておきます。
11

13

17:58
Tue
2007

No.0365

徒然日記

ふと気がついてみれば、何と11月も半ば近くですよ。たまげた。光陰矢のごとし。
あと2ヶ月弱もすれば年が切り替わるわけで。ようこそ来年さよなら今年ですよ。
まあその前に、お待ちかねの追加ディスク「アルタナの神兵」が出るね。
当日は新エリアが混雑し、緊急メンテが繰り返される様が在り在りと目に浮かぶ。
新ジョブに踊り子と学者が追加されるんだっけ?さすがに前衛の追加は無いか。
学者はアジドマルジドの影響もあって、タルタルが一番かなあ。
しかし多方面で言われてるけど、ヒュム男のAFは酷い…。

更新してなかった間は何をしていたのかと言うと、FFは殆ど何もしてないに等しい。
忙しくなってきたし、PC不調でクリーンインストールしてたからやってなかった。
今日ようやくFFを再インストールし終わって、今バージョンアップしているところ。
あと6時間だよ6時間。マジ長い。これは放置して待つより他に仕方が無い。
まーFF入れるようになったとしても、あんまりやることは無いんだけどね…。
マクロ保存してなかったせいで、最初から作り直さないといけないのがダルい。

新ディスクの追加もあるんで必ずしもやるとは限らないんだけど、今後の予定は

1.戦士を上げる
折角両手武器が強化されたんだし、両手武器が使えるジョブをやってみたいなと。
忍者から両手ジョブを上げるとしたら、装備の流用も出来る侍が一番楽だろうし
活躍の幅も広そうな気がするけど、両手斧を振り回してみたいんだよねー。
どうも両手刀は軽そうなイメージがしてね…。ミスラだとバッターにしか見えないし。
何と言うか、自分の身の丈以上にでかい武器を振り回すのに憧れがあるんだよ。
個人的には両手武器のグラフィックはもっともっと大きいほうが迫力あると思うなあ。
ガルカとか、体が大きい種族だから武器の方が小さく見える。もっと豪快にすべき。

それと、メリポ用ジョブとして戦士を使いたいっていうのも理由の一つではある。
メリポなら忍者で行けばいい、そう思っていた時期が俺にもありました。
これ鯖スレにも書いたけどね、今のご時世だと強すぎると逆にやりにくいんだよ。
ここからちょっと愚痴っぽくなるので興味が無い人は読まない方がいいかも。
読みにくいように色を変えておいた。

--------

両手武器が強化されたのは間違い無いんだけど、それは上辺だけのことで
現実に強い両手ジョブの人が多いかって言うと、数が多いとは言えないと思う。
それはまだ強化後3ヶ月しか経ってないし、本当に強い装備の組み合わせとか
立ち回りが該当ジョブに浸透しきってないからだろう。それは仕方が無い。
ただ、強い両手ジョブ像が一人歩きして、それが流布されてるところもあるから
そのせいで「両手ジョブ>忍者だし、忍者弱いんだから盾でいいだろ」となっちゃう。
まあ、実際盾ジョブなんだしそのこと自体が間違ってるとは思わないんだけど
だからって盾に徹した時のタゲ率が70%とか80%ってのは無いだろ…。
(これ書こうと思ったのが10月半ばのことなんで、今はどうかは分からない)

昔っから書いてるけど、メリポにおいてはタゲが分散されてた方が効率が良い。
メリポの基本は空蝉で被ダメを減らし、浮いたMPを殲滅速度の向上に使うから。
常時連戦のような状態で、一人がタゲを取り続けて空蝉が回るかって言うと
そんなの無理なわけで、ダメージを食らってその分効率は落ちてしまうことになる。
だからタゲがある程度分散されてるのがメリポでは望ましい、ってわけだ。

いかにも効率厨の考えだ、とも我ながらに思うし、完全に正しいとも思ってない。
私自身が無駄嫌いの効率的、かつ合理的な人間だからそう考えているだけで。
けれど、よく言われる、楽しければいいじゃんって言う考えにも同調は出来ない。
一人に負担を押し付けて楽しさを標榜するなんてことは、あまりにも馬鹿げてる。
装備のランク落として合わせてもいいんだけど、それもどうなのかなぁと。
リーダーしろ!って言われたら返す言葉は無いけど、今はそこまでやる気もないし。
だから、誘われて文句言うな!とだけは言われないように、サチコに書いている。
「あんまり挑発しません、サブ盾として誘ってください」とね。
戦士だとメイン盾で誘われることも殆ど無さそうだから、メリポは戦士でってこと。

--------

あとはそうだなー、メリポだとミスラはステータス的に戦士の適正がありそうだから。
STRが全種族の中でも2番目に低いにも関わらず、ミスラが強いっていうのは
両手斧のようなD値が高い武器を使う場合、STRの価値が下がることが一つ。
それに加えて両手武器の仕様が変わり、DEXの価値が上がったこともある。

いくつか例を見てみれば分かりやすいと思うので、ちょっと考えてみよう。
固定Dが90で、命中が90%の状態で、STR+4=固定D+1だとする。
この場合だと、STR+8とDEX+8ではどっちの方が強くなるんだろうか。
100回殴ってみた時の総ダメージにて比較(WSダメは除外する)
STR+8(→固定D92、命中90%)
92*90=8280
DEX+8(→固定D90、命中94%)
90*94=8460

見ての通り、DEX+8の方が総ダメージは高くなることが分かる。
(実ダメージはこれらに攻防関数が掛かるので、もっと差が開く)
実際はSTR+8の方は攻撃力+8もあるので、もう少し増えはするだろうが
仮に攻撃力+8≒D+1くらいの効果があったとしても、それでも及ばない。
更にDEX+8の方にもCRT+1~%があるわけで、DEXの優位は揺るがないだろう。

同じ条件で固定D100の場合も調べてみよう。
STR+8(→固定D102、命中90%)
102*90=9180
DEX+8(固定D100、命中94%)
100*94=9400

固定D90の時に比べ、差が広がっていることが分かる。
つまり、固定Dが大きくなればなるほどDEX=命中が重要になってくるわけだ。
これは基となる数が大きいが故に、単なる加算では効果が薄いことに起因する。

もっと極端な例を考えてみると分かりやすいかもしれない。
実際こんなことはないけど、固定D10000と固定D1の場合があるとする。
その時にSTR+4すると固定Dはそれぞれ10001、2となるわけだが
もともとのDが10000のところが+1されたところで嬉しいかどうかは微妙だろう。
対して、D1だったところがD2になるのであれば、嬉しいはずだ。何たって2倍。
増える数値は同じでも、割合で見れば効果の度合いは全然違うって話だ。

多分これでD値が増えるほどSTRの効果は低くなるのは分かってもらえると思う。
逆に言えば、D値が低いほどSTRの効果は高い、ってことも抑えておきたいことだ。
同じように命中が上がるほどDEX(=命中)の効果も割合的に低くはなるのだけど
上で見た二つの例だとSTRよりもDEXを+した方が効果は高いという結果になった。
STRかDEXか、それが問題だ。などと、ハムレット調な疑問については
片手武器二刀流ならSTR、両手武器ならDEX程度に考えとくといいだろう。
ヘイストは積み重ねで効果が上がるって言うのも、これと同じ理由だ。
ヘイストは基となる数が減ってくので、積み重ねでどんどん効果は上がっていく。

これらのことから、以前から言い続けてきてるんだけど
D値が低くて手数が多い忍者→エルヴァーンがかなり強い
D値が高くて手数は少ない戦士→ミスラがまあまあ強い
だと思っている。まぁ、「メリポで与ダメに限る」って言うような話だけどね。
当然、場面や状況によって強さの意味も変わるので、一概には言えない。

※追記
 上の二つの例でCRTを考慮するの忘れてた。
 けど考慮すると差が大きくなるのでDEX>STRなのは変わらず。
 また、CRT率の上昇に伴って差はどんどん開いていく。
 固定Dが低い(武器Dが低い)場合は結果が変わってくるので悪しからず。

話が逸れた。んで、戦士のレベルが37の割りに気がはやすぐるんだけど
私の両手斧戦士メリポ装備をFFXIEQにてシミュレーションしてみた。
両手槍とかも強いらしいんだけど、片手刀と回避は下げられないから両手斧。
こんな感じ。あくまで基本の装備であって、狩場によって調整はする。
(R-typeさんの、この記事などを参考にさせてもらった)

通常装備
20071113a.jpg


WS装備
20071113b.jpg


※追記
 メリポステータスは忍者と同じSTR+4,DEX+1で武器スキルは両手斧+16

装備がHQだらけで、本当にこんなの集められるのかって話なんだけど
揃えなきゃならないのはアスカルコラジンとヘカトン一式ってところかなあ。
まぁこれHQじゃなくて全部NQだったとしても、私の忍者並には強いと思う。
HQなら言わずもがな、与ダメなら軽くぶっちぎるんじゃないだろうか。
忍者と同じ要領で装備組んだから、必ずしも正しいとは言い切れないけどね。

ちょっと気になるところと言えば、WS装備のDEX値かなぁ。
以前迅を撃つときはCRTキャップを狙うDEX値にするのが重要と書いたけど
レイジングラッシュと迅のWSでのCRT処理方法が同じかどうかが分からない。
キーンエッジのこともあるし、DEX-AGIが50無くてもキャップする可能性がある。
(キーンエッジはかなり低めのDEX-AGI差でもCRTがキャップするらしい)
そうだとすると、DEXじゃなくてSTR寄りに装備を調整したほうがいいかもしれない。

※追記
 後日R-typeさんがやった検証によると
 レイジングラッシュのWSCRTキャップはかなり高いっぽい(50%↑?)
 相手がロンフォールのウサギだからキャップなのは当然であるとして
 あとはDEX-AGIが50未満でもキャップにいくかどうかが気になるね。
 キャップだとすると、上に書いたWS装備ほどDEXは要らないので
 余分なDEXをSTRに回すか、DA確率を上げるとかになるかなぁ。

2.サルベージをやる
薄金胴が欲しいわけですよ。やっぱりね、あの性能は魅力的だって。宇宙ヤバイ。
命中とかSTR,DEXが上がるのも美味しいんだけど、回避上がるのが一番嬉しい。
私はソロ主体で動くことが多いし、薄金胴でスコピオハーネス脱げるのがいいよね。
メリポで使うにしても、薄金胴とAF胴改なら薄金胴の方が使い勝手が良いし。
胴だけ変えるなら、薄金胴とAF胴改とでは与ダメ的にはそんな変わらないけど
ヘイスト+二刀流短縮装備は速すぎて扱いきれない場面もあるんだよなぁ。
サブがペルデュブレードってことも災いして、どうも今一つの感じが拭いきれない。
そう言うわけで、速度を落とす意味でも薄金胴は欲しい装備の筆頭でもある。

じゃあ薄金足は要らんの?って言われそうだけど、あまり必要性は感じてない。
戦士の項で書いたけど、あまり強くなりすぎても却ってやりにくくなるからねぇ。
固定とかで強いメンツと毎回組めるんならいいんだけど、そんなのないし。
ヘイスト23%と22%とで空蝉の詠唱時間が1秒違うのも気になるんだよなぁ。
たとえ1秒でも、タゲを取ることが多いんだし少しでも短いほうがいいのは明らか。
とりあえず、攻撃速度落として動きが楽になればいいから、無くてもいいかなー。

まぁサルベージやるとしたら毎回主催優先でやるかなぁ。
私の場合、一人で人集めから説明、進路先導、指示まで全部やるんだし
それくらいのメリットがあっても不公平でも何でもないと思ってるからねぇ。
よく主催者優先ってのは批判されるけど、後からの条件変更ならともかく
最初から条件を提示して、それに同意の上で人が参加してくるわけなんだし
批判される謂れなんてどこにも無いよね。嫌なら参加しなきゃいいだけで。
でも主催優先、しかも薄金優先は人が集まりにくそうでダルいなぁ。

戦士の装備を書いたし、薄金胴入りの装備も書きたいけどそれは今度で。
忍者のメリポ記事と併せて書きたいし。







何か戦士の記事だけで半分くらい使った感じだなぁ。
読み返してみたら結局やること二つしかないし、どうなんだこれ。
アルタナ出ればやること増えるんかな。まあ予約とかしてないわけだけど。
サルベージとか、戦士上げとか学者とかを亀の歩みででも続けるか、もしくは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。