--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

15

18:08
Mon
2007

No.0364

ただの薬売りの記事

しゃおさんデュオさんが、天元を突破してグレンでラガンですよねー
などと、和気藹藹と話をしていた。どうやらアニメの話らしい。
オレを誰だと思っている!お前を信じる俺を信じろ!
と自信満々に語っていたので、1話だけ見てみたところ
かなり胸に来るものがあった。これは通して見てみたいと思う。



↓一応グレンラガン全話↓
見やすいフル版
高画質分割版

ロボットものとしては、個人的にはこちらを推したい。



15年も前の作品なんで、少々古臭い感じは否めないのだけど
今でも十分見れる程クオリティ高い、って言うかそこらのものより断然良い。
何より展開が熱すぎて超燃えるので、そう言うの好きな人は見るべき。
結末が半端で物足りないんだけど、これは話の一部って設定だから。
監督の今川泰宏には物語を完結させて欲しいところなんだけど
10年近く経っても続編が出ないし、難しいところなのかなぁ…。

ジャイアントロボ全話まとめ




それより今回書きたいのはこっち。モノノ怪だ。
ニコニコ動画でランキングとかよく見てる人は知ってるかもしれないけど
モノノ怪を知ったきっかけは、この素晴らしいMAD動画。



レッツゴー!陰陽師のPVを下地として作られてるんだけど、出来が凄い。
音と映像の同期とか、持ってくる場面の良さとか、まあ何か色々と凄い。
この動画だけで、一気にモノノ怪の世界観に惹きつけられてしまった。

んで本編がこれ。こっちはモノノ怪では無いんだけど。
モノノ怪の前作である、怪~ayakashi~の中の化猫。
これで人気が出たことで、モノノ怪が始まったって経緯がある。



これが圧倒的に面白くてね、見事にハマってしまった。
絵は、昨今よく見られる萌え調とは程遠くて日本昔話とかに近い感じ。
だけどそれが和紙っぽい作風や、全体的なつくりと絶妙に合っていると思う。
あと色や演出がとにかく美しい。雨粒一つ取っても、凝った表現がなされてる。
派手すぎるて目に優しくないって言う人もいるだろうけど、私は綺麗だと思った。
話自体は結構ヘヴィなものが多いので、楽しさとか気軽さは無い。
怖く、哀しく、それでいて面白い、と言う表現が適切だろう。
単なるアニメの域を超えてると思うので、アニメをよく見る人よりも
普段アニメとか見ない人にこそ、是非とも見てもらいたい作品。

モノノ怪1~9話
超高画質、10/26に消えるとのこと
最終話「化猫」
序の幕
二の幕
大詰め

シグルイとかも概ね原作に忠実で良かったかなー。お美事でございます。
漫画の進み具合と人気次第では二期もありうるのかな?
あとは、最近始まった奴だとカイジもまぁまぁ面白いね。
利根川先生のFuck youとかが無くなった辺りは痛いけども。
カイジ役の萩原聖人も、声優本業じゃない割にはいい仕事してるし。
濃い作品ばっか挙げてるけど、らきすたとかも結構好きだったかな。
こうして見ると、アニオタwwwwwきめえ(笑)としか言いようがないけど
実際その通りなんでサーセンwwwwwwフヒヒヒヒヒwwwwwwwww

あ、ネウロのアニメ化なんて無かった。
多分これから検討されるんだよね。きっとそうだ。
スポンサーサイト
10

12

16:22
Fri
2007

No.0363

注意

中国からの書き込みで、罠サイトへ誘導するコメントが残ってたので
身に覚えのある人はウィルススキャンなりしてみて下さい。
Symantec
 Avast! トレンドマイクロ
自己防衛の為に、.jpg、.exeなど、怪しいURLを踏むのは止めましょう。.

汚いのが実在するブロガーとその記事を一部改変して書き込んでること。
マジでこう言う非道なやり方をするクズは、死んだ方が世の為だと思う。
10

11

20:37
Thu
2007

No.0359

[どんだけー]両手武器[いかほどー]

忙しいのに重なって、体調を崩してしまって更新どころではありませんでした。
いない間にも見に来てくれる人や、コメントを残してくれる人などもいて
申し訳ない一方で、嬉しくもあります。ありがとうございました。
ただ、今後益々忙しくなることが予想されるので更新頻度が下がりそうです。
まあ、あんまり期待せず適当に流し読みするのがいいんじゃないかと思います。
以上、現状報告終了。

前回の記事で、白のメリポをどうするかーって話を書いたんだけど
どっちにしろメリポを稼がないといけないことに変わりは無いので
早速忍者で希望を出し、数か月ぶりにメリポへ行くことにした。
結果的に、白のメリポカテゴリ2が完了するまで稼ぐことが出来て
マーター、デヴォーション、プロテアV、シェルラV+3にした。
カテゴリ1が終わって無いので、まだメリポに行くとは思うけど
とりあえずこれまで組んだ中で、印象的だったPTに触れてみる。
私ぐらいの強さの忍者が、強化された両手ジョブ相手に
どの程度やれるのか興味がある人もいるだろうしねー。
話題として出遅れた感があるのは、否めないのだけど。

まず一つ目。忍戦暗コ詩赤のパーティでゼオルム火山。
戦士さんはホーバークにヘイスト装備、武器は白虎斧で
WS時にはヘカトンキャップを装備していたので、かなり良装備と思う。
暗黒さんは最初は両手剣だったけど、途中から武器を鎌に変更。
胴はプラストロンで、他装備は一部ホマム装備を使っていた。
久々の暗黒だったのか、動きには不慣れなところも少し見られた。
戦士さんと暗黒さんは共に肉食で、バイソンステーキ。
私は久々だったせいか、ブルタルピアスを持ってくるのを忘れてたり
最後の方解散間際だったので、10数分寿司切れの場面もある。
よって、正確な比較とは言い難いかもしれない。

忍戦暗詩コ赤@ゼオルム火山
見た感じ、両手斧戦士ツェーツェーと言うことに尽きると思う。
と言うか、この戦士さんは装備もいいけど動きも非常に良かった。
WSや通常ダメージ、命中率といい、装備の組み合わせも良いのだろう。
これくらい強い戦士の人だと、私も挑発のやり甲斐があるというものだ。
また、陰ながらコルセアさんの活躍があったのも間違いないと思う。
火山で20万dmg/hを超えたのは、戦暗ロールがあったからこそだろうし。
私にとって、復帰一発目にして一番実りのあるパーティだった。
特にこの戦士さんとは是非また組みたい。

次に二つ目。こちらは忍戦竜ナ赤赤と、メリポとしてはちょっと変わり種の編成。
ナイトさんがリーダーで、レベル74だったのを75にするために組んだようだった。
戦士さんがリディル持ちで、最初は二刀流だったけど途中で両手斧に切り替え。
胴はアダマンとかじゃなく、ヘイスト装備でも無かったので割と普通だろうか。
食事は二刀流では寿司、両手斧では肉と、ちゃんと使い分けをしていた。
竜さんはメイン竜らしく、ホマム装束フルコンプの両手槍全振りっぽかった。
ナイトさんは両手剣をメインに使って、時々片手剣二刀流をしていた感じ。

忍戦竜ナ赤赤@ゼオルム火山
戦士さんのリディルなんだけど、個人的には両手斧の方が良さそうに思った。
リディル振るには片手剣メリポ必須だし、振っても片手斧とは命中率に差が出る。
けれど、両手斧ならそんな問題とは無縁だし、細かい調整もしやすそう。
振るメリポも両手斧一つだけで済む、って言うのもあるしね。
竜さんについては装備の完成系がよく分からないから何とも言えないけど
リディル戦士以上にダメージを出してる辺り、強いと言えるんじゃなかろうか。
ナイトさんはスピンスラッシュが結構高いダメージ出してたので
両手剣持てばメリポでもいい線いけるのかと思ってたんだけど
やはりこうしてデータで見てみると、一歩及ばずって感じがするかなあ。
メリポ用に徹底的にチューンしないと、純前衛としては厳しい気がする。
殴り赤とかと同じような感じかな。まあ盾役でデザインされてるしね。
詩人さんがいることで、これらがどのように変わるかも興味があるところだ。

3つ目。こちらは忍忍侍詩白赤で、新エリアは混んでたのでウルガラン山脈。
侍さんが強い人だったらしく、ヘイスト22%でTP100までの振り数が6振り。
武器が鬼丸で、通常の胴装備が八幡胴でWS時が麒麟大袖と、なかなか強そう。
忍者さんは色々ジョブやれる人のようで、一つ目のパーティの暗黒だった人。
装備は所謂テンプレ装備でメリポも強化済み、久々にメリポをやるとのことだった。
人が来ないうちに、急いで空いてる山頂へ移動。デーモン無双の始まり。

忍忍侍詩白赤@ウルガラン山脈
うーん、侍さんが強い。挑発が無いとは言え、申し分の無い強さだと思う。
他にサポシの侍さんと組んだりもしたんだけど、圧倒的にこの人の方が強い。
サポ忍でWSを撃ちまくる方が与ダメも稼げるし、タゲも取れて良さそうだ。
侍さんがパーティにいる時に一つ気になったのが、前衛の位置取りについて。
メリポで修得する特性として「正々堂々」と言うのがあるけど
これを活かすには、WS時に敵の前面に立っておく必要がある。
今回とか、侍さんがWS撃つ直前に私がタゲを取ったりすることがあって
侍さんが敵の正面をキープ出来ず、苦心している様が見受けられた。
ウルガランだと前方範囲のWSがあるから、散らばってたんだけどね。
スムーズなターゲット移行の為にも固まるのが合理的とは思うけど
被ダメは減らした方がいいだろうし、少しは散らばった方がいいとも思うなぁ。
敵のWS次第、ケースバイケースかなー。

上で侍さんのことについて触れてるけど、本当に見て欲しいのは忍者さん。
見てもらえば分かるように、侍さんとの与ダメに4万以上差があるにも関わらず
タゲ率ではきっちり上回っており、盾役として面目躍如と言ったところだろうか。
確かに両手武器ジョブは強くなったのかもしれないけど、極一部で言われるような
忍者弱すぎてタゲ取れないからイラネwww的な風潮にはならないと思う。
むしろ、挑発が無いジョブも恒常的な与ダメでタゲ回しに参加できるようになって
忍盾としてはやりやすい状況になったんじゃないかな。
少なくとも、強化済みの忍者で涙目になることは無いだろう。

最近組んだパーティの中では大体こんな感じだった。
個人的には両手武器はもうちょっと強くてもいいかなーなんて思ったりするけど
まあ、あまり強くなっても忍者全体としては厳しい状況になるしこんなもんかな。
強化前は忍者はトップクラスの盾兼アタッカーでもあったけど
今だと与ダメに限れば戦士≧暗黒=侍=竜=モンク≧忍者ってな感じがする。
ジョブスペックによる差はあるけど、中の人補正でひっくり返るようなものだし
メリポでは割とバランスが取れてきてるように思うね。
10

05

03:53
Fri
2007

No.0362

毎日がエブリデイ

こいつは間違いなくニート
10

03

15:01
Wed
2007

No.0361

白がこの先生きのこるには

動画保管ページを修正してみた。
前のだとファイルバンクとかごちゃごちゃだったけど
整理したから記事、動画共に見やすくなったんじゃないかと思う。

さて、随分前におめでとうコメントを頂いたのだけど、白が75になった。
今までは忍者とからくりの、前衛2ジョブしかなかったので
今後は白で、参加できるコンテンツに幅が出来たのは喜ばしい。
とは言え、まだまだ75になりたてのヒヨっ子も同然なので
暫くの間は白での参加を控え、メリポに注力することになりそうだ。

で、今迷っているのが白のメリポカテゴリー1。
カテゴリー2に関しては、プロテアV、デヴォーション、マーターと
それとシェルVに3段振るのが一番いいと思うので、そうする予定。
カテゴリー1が人によって違いそうだし、個性が出そうなところだね。
個人的にはケアル詠唱間隔と、属性耐性魔法効果に5段かなーと。

○女神の印効果
→精霊の印ならともかく、リキャストごとに使うわけでもないから微妙?
○ケアル詠唱時間
→やっぱり緊急時には少しでも詠唱早い方がいい。
○属性耐性魔法効果
→空蝉で回避できない属性攻撃を低減出来るのは大きそう。
○バニシュ効果
→臼(ry
○リジェネ効果
→メリポには良さそうだけど、メリポは忍者で出るから必要無い。

大体こんな感じで見てるんだけど、どうなんだろうなあ。
ケアルの詠唱速度アップとか、ケアルガにも効果あるんだろうか。
ちょっと試してみた感じ、ケアルガには効果は無さそうだったけども。
もし白やってる方がいれば、意見を頂けると嬉しい。
10

01

19:51
Mon
2007

No.0360

「ディアボロス」忍ソロ 後編

初見の人は、まず前編から読もう!

--------

一瞬で全てが終わった。悲劇、いや、むしろ喜劇なのかもしれない。

説明すると、マトンが想定外の挙動をして引き寄せられてしまった。
射撃/魔法マトンなんて使う人はいないだろうし、私も使ったことない。
で、白兵/魔法マトンと似たような挙動だと勝手に思い込んでしまって
「魔法はケアルのみで、敵と一定の距離を保つ」ものと考えていた。
実際は、「魔法は弱体とケアルで、敵と一定の距離を保つ」だった。
この、「弱体魔法を唱える」せいでディアボロスのヘイトを稼いでしまい
引き寄せられて、高台に待機させておくことが不可能になったのだ。
一回でも確認しておけばこんなミスは無かったのに、何たる不覚。
補足しておくと、マトンのケアルにはヘイトが全く無いので
ケアルヘイトによるマトンへの引きよせはなかった、と思う。
ううん、知らないけどきっとそう。

仕方がないので、ナイトメアへの対策はイレーザー1本に絞り
やれるだけやってみることにしたが、調べて無かっただけに大苦戦。
特にディアボロスの使用するWSが分からず、ズタボロにやられた。
ここまで手も足も出なかったのは、久しぶりのことだ。
その後数戦挑んでみて、色々分かった事を書き連ねてみる。

ディアボロスのHPは普通のNMより低く、他でも書かれてるけど9000前後。
HPの低さからして他の戦闘能力も低いのかと思ったが、そんなことは無かった。
Repと体感では、ディアボロスの命中率、回避率共にフェンリルと同程度。
ただし、攻撃力自体はそれ程高くもなく、一撃200前後と言ったところ。
意外なことに、暗闇の術が入る。けど、普通にだと相当入りにくい。
魔法は闇属性のものを各種唱えてくる。特に使われると苦しいのがガ系。
効果そのものより、問答無用で蝉を全部剥がされるのが厄介極まりない。

それでも、ここまではそんなに強いと言うほどのこともない。
最悪なのは、ディアボロスの履行(WS)だった。
ディアボロスの履行は数が多く、アストラルフロウも含めると9種類。
全てが全てヤバいWSではないのだけど、その凶悪さは他に類を見ない。
まずは、大したことないWSをざっと解説していこう。

○アルティメットテラー
空蝉全剥がしで、各種ステータスを吸収してくる。大したことない。

○カコデモニア
呪いにされる。こればっかり使ってくれると嬉しいのだけど。

○カミサドー
物理ダメージ+ノックバック。蝉で防げるし、ダメージも低いので楽。
中盤で床が抜けた時は、なるべく回避したい。でないと落とされる。

○ソムノレンス
蝉貫通ダメージ+ヘヴィ効果。これもまあ大したことない。

○ネザーブラスト
ディアボロスの主要履行。蝉を貫通し、レジ無しで600前後食らう。
連続して食らうとかなり痛いが、それなりにレジスト出来る。

○ノクトシールド
ファランクス効果。20~30程ダメージがカットされる。
こちらに直接被害は無いが、使われると少しだけ死亡フラグ。
ディアボロス戦では長期戦が命取りになるからだ。理由は後述。

○ルイナスオーメン
アストラルフロウだが、現HPに割合ダメージなので大したことは無い。

こうして見ると、大半はそれ程でもない履行であることが分かる。
が、こんなものは後に続く理不尽履行と比べると、前菜にもならない。

○ナイトメア
ケアルか時間経過でしか起きれない睡眠に加え、40dmg/3sのスリップ。
殴られても起きないので、運が悪ければ寝たまま死ぬこともある。
HP半分になると必ず使用し、その後床が抜ける。(詳細は他の方の記事を)

20071001a.jpg

これこそディアボロスの代名詞と言っていい履行じゃないだろうか。
これさえ対処できれば勝てると思っていた時期が、俺にもありました。
この時はマトンのケアルで対応しようと考えていたので
レジストスリープ装備や耐闇装備は持っていなかったのだけど
割と早く目覚めることが出来たので、それ程脅威とは思わなかった。
多少目が覚めるのに時間がかかっても、空蝉である程度凌ぎも出来る。
マトンによるケアル起こしは必要でもないと思えるくらいだった。

その代りに問題になったのは、スリップをイレーザーで対処すること。
イレーザーは役に立つのだけど、使い勝手がいまいち悪い。
殆どの状態異常を「ランダムで一つだけ」治すと言う特徴を持つからだ。
ディアボロスはスリプルを使うため、睡眠対策に毒薬は必須となる。
そうすると、ナイトメアから起きた後の状態異常は、毒とスリップ効果。
この場合、スリップを確実に消すには毒消しで毒を治す必要があるわけだ。

このことは予想していたのだけど、考えていた以上に手間が掛かった。
更に、上で説明した履行で様々な状態異常にされてしまうので
イレーザーだけに頼る、と言うわけにもいかないように思える。
仕方がないので、これはもうパナケイアを持ち込むしか無さそうだ。
本音を言うとパナケイア無しで勝ちたかったのだけど、無理だろう。

ナイトメアに関してはこんなところだろう。
実際の戦闘の流れと合わせて、ナイトメアは動画で見てもらいたい。
そしていよいよ、次が最後の履行説明となる。

○ドリームシュラウド
魔法攻撃、魔法防御が共に上がり、連続魔状態になる。

20071001b.jpg

説明は淡白だが、最凶最悪の履行。外道、鬼畜としか言いようがない。
ガ系の連発で空蝉は意味を為さなくなり、そこをバイオ3で削られる。
そして、ドレインでみるみる回復していくディアボロスのHP。
連続魔と言うのは強力なアビリティだと、つくづく痛感させられる。

しかもこのドリームシュラウドは、1分どころか切れる様子が無い。
実際は切れるのかもしれないが、見た感じ効果は数分に及んでいるし
履行時に必ず掛け直してくるようなので、常に連続魔状態と見なせる。
更にナイトメアとは違い、即時発動なので妨害することは不可能。
この履行の文字が見えると同時に、脳裏にも絶望の二文字が浮かぶ。

多分、これだけ書いてもこの履行の恐ろしさは伝わらないと思うので
こちらも実際に動画で、その目で鬼畜っぷりを堪能してもらいたい
この履行が来たとき、地に伏されることが確実に決定される。

色々と書いたが、結局のところディアボロスを倒すには
ドリームシュラウドをどのようにして防ぐか、に尽きると思う。
ここで画期的なアイディアがあればいいのだけど、残念ながら何も無い。
即時発動なので、事前に止めたりすることは予知能力でもないと無理。
仮にあったとしても、ディアボロスは2回連続で履行を使ってくるので
連続で履行を使われることを考えると、発動の妨害は現実的では無い。
「詠唱中は別の顔」のように、履行そのものを撃たせないようにも
BF自体が狭すぎて、距離を取って戦ったりすること自体が不可能。
発動後の対策としては、耐闇装備で固めるくらいしか思い浮かばないが
そうすると回避が落ちるし、耐闇+100でやっても効果は薄かった。

よって、現状ではドリームシュラウドへの対策は何も無い。
手の打ちようが無い。






となると、最早勝つ手段は一つしか無い。
ドリームシュラウドをしないことを祈りつつ、闘う
ここまで来ると作戦でも何でもないが、これしかない。
これが赤や黒などの、短期決戦が狙えるジョブならまだしも
忍者だと、どれだけ短く見ても15分程度は確実にかかる。
15分間ドリームシュラウド無しは、滅多に無さそうだけど
こればっかりは、勝つまでやるしか無さそうだ。

長いので前後編になったが、ディアボロス忍ソロについて書いてみた。
今回アップした動画では、いずれも1割減らせたかどうかと言うところ。
一筋縄でいくような相手では無さそうなので、正直勝てるかは分からない。
戦い方を練り直して、一回だけパナケイア有りで挑戦してみたんだけど
ドリームシュラウド無しで、10分で残り4割まで削ることが出来た。
もし次に記事にするとしたら勝ち記事を書きたいものだけど
多分難しいので、その時の動画でもアップするかもしれない。
どちらにせよ、ディアボロスソロに関してはあまり期待しないで欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。