--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

28

01:33
Fri
2007

No.0358

「ディアボロス」忍ソロ 前編

書いてるうちに無茶苦茶長くなったので、前後編に分けてみた。
いよいよ今回は召喚獣戦最後の相手、このディアボロスである。
こいつは過去戦った相手の中でも最強、いや最凶だろう。
フェンリルも確かに強いが、ディアボロスと比べると可愛いく感じる。
と言うか、ディアボロスはインチキじみた強さだと思う。

私の知る限り、今現在ソロで倒しているジョブは黒と赤の2ジョブで
それぞれ、FF11 ある黒魔道士の軌跡のvolさんと
臼魔道士の全滅日記のめんたま。さんが達成されている。
(該当記事:黒→ディアボロス 黒ソロ 赤→Diabolos)
実はこれ、構想だけは去年の12月から頭の中にあった。

事の発端は、アッシュドラゴン戦にてサポからくりを使ったことにある。
サポからくりには利点がいくつかあり、その一つがマトンによる無限ケアル。
簡単に解説すると、ダメージゲージと言うアタッチメントをマトンにつければ
マスターのHPが50%を切った場合、マトンが自動的にケアルをかけてくれる。
また、投擲部位にストリンガーを装備することで、マニューバが使用可能になり
やりようによってはHP60%、70%未満でマトンにケアルを使わせることも出来る。
但し、逆を言えばHPが一定以下になるまで絶対にケアルを唱えなかったり
連続して魔法が唱えられるわけでもないので、確実に制御出来るわけでは無い。
マトンのケアルに関しては、大体こんなところだろうか。

二つ目に、マトンによる敵のタゲ切りがある。
召喚士のペット釣りとは似て非なるもので、マスターにヘイトが無い敵なら
マトンに攻撃させる→マトンを戻す で、敵のタゲを切ることが出来る。
これは今回の記事には関係ないが、後日これに関する詳しい記事を書く。
忍ソロで使うとすれば、ボヤーダのVoluptuous Vivian戦ででも
周りの雑魚クモに絡まれた時に使ったりすると、便利かもしれない。

三つ目。これが挑戦の最大のきっかけであると同時に、罠でもあった。
何かと言うと、マトンのアタッチメントの一つであるイレーザーの存在だ。
このアタッチメントをマトンに付けることで、発動条件を満たした時に
イレースや、~ナ系で治せる状態異常のうちランダムで一つを治せる。
発動条件は至って簡単で、マスターかマトンが状態異常になること。
しかし、マスターとマトンが同時にステータス以上になった場合は
マトンへのイレーザーが優先されてしまうので、そこは注意が必要だ。
イレーザーはマトンが睡眠、石化などの行動不能状態でさえ無ければ
確実に発動するので、上手く使えばほぼ全ての状態異常に対応できる。

このように利点が多く応用が効きそうなサポからくりではあるが
必ずしも万能と言うわけでもなく、扱いには知識と慣れを要する。
実際マスター自身が出来るのは、マニューバで行動指針の決めてやるだけで
ケアルの発動タイミングや、イレーザーの使用などを完全に御すのは不可能。
あくまで発動の為の条件を整えてやるだけで、それ以上の事は出来ないのである。
例えばケアルにしても、HPが50%以下にならない限り絶対にケアルは使わない。
それをマニューバでHP60%以下でケアルを発動するように条件付けたりして
ある程度マスターによるマトンの制御を可能にしている、と言うわけだ。

まあこの辺りの事は、読んでも分かりにくい部分があると思うので
実際にからくり士と言うジョブをやってもらった方が、分かりが良いだろう。
あとはFF11用語辞典へのリンクを幾つか貼るだけに止めておくことにする。
からくり士 ストリンガー 出し入れ ダメージゲージ イレーザー

--------

サポからくりの説明で前置きが長くなった。ここで話を戻そう。
当時の私は、ディアボロスはナイトメアへの対処さえ出来れば
倒すこと自体はそう難しくないだろうと、高を括っていた。
ナイトメア自体は、イレーザーを使えばスリップは治せる。
そうすると、あとはどれだけ早く起きるかが問題になってくる。
ナイトメアによる睡眠は、時間経過かケアルでしか目を覚まさないからだ。

そこで、ナイトメアへの対策として一つ思いついたことがある。
普通に考えると、早く起きるための方法としては
レジストスリープ効果か、耐闇装備に頼ることだろう。
睡眠状態から起きるまでの時間は、どうしてもランダムになってしまう。
ならば、確実に起きるにはどうすればいいのだろうか?
実は、答えは既に書いている。そう、ケアルをもらえばいいのだ。

「HPが一定以下の時のみケアルをする」と言うマトンの挙動。
一見欠点にも見えそうなロジックが、ここで活きてくる。
つまり、ナイトメアで寝てる間に装備変更でHPを50%以下にする。
これでナイトメア発動時にマトンにケアルを使わせられるわけだ。
耐闇やレジストスリープは全く必要なく、しかも確実に起きられる。

そうするために、新たに問題になってくるのがマトンの位置。
マトンがナイトメアの巻き添えを食うと、この作戦は使えない。
が、心配することなかれ。これについても一計を案じてある。
ディアボロスと一回でも戦った人はイメージしやすいと思うのだけど
BF内の構成が、高台とディアボロスのいる下段の2つに分かれている。
そこでナイトメアを範囲外にするため、マトンを高台に残すことにした。
マトンは射撃/魔法タイプにして、一定の距離を保って動かないように調整。

更にもう一つ。役に立ちそうな、新たな発見をする。
マトンを呼び出す際に、その時のマスターの位置によって
マトンの呼び出される位置が決まっている、と言うことだ。
上手くすれば、下段から高台にマトンを呼び出せる位置があるかも。
微かながら、そんな希望も見えてきた。

と、ここまで書くと勝てる流れなんじゃないかと言う気がしてくる。
実際、自分でも上記の閃きに関してはなかなかの上策だと思った。
しかし時に、その妙案が目を眩ませることもあるのである。
有頂天になった私は、普段なら下調べでも情報を集めて行くところを
この時は全く情報無しに、しかも作戦の再確認もせずに臨んでしまった。
その事が作戦を瓦解させようなど、思うこともなく…。

20070928.jpg



ひょっとしたら一発で勝てるんじゃね?俺様最強www
とか慢心しつつ、挑戦してみた一回目の結末。

GadgetのディアIIが発動。
→Diabolosに0のダメージ。
Gadgetは引き寄せられた!


\(^0^)/

続きを表示
スポンサーサイト
09

16

23:12
Sun
2007

No.0357

試合前から戦いは始まっている

ぼちぼちドラゴンを育て続けて、レベル22まで上がった。
今育ててるのが、初期獣性がオートリゲイン付きの奴で
追加で物理攻撃力アップを付けて育てているところ。
ここまで育ててみて分かったけど、Dragon族はそんな強くもない。
確かに基本性能は高いんで、どっちかと言うと強いんだろうけど
獣性の低さがネックなのと、WSが多すぎるところが後々響きそうだ。

WSが多すぎるってのは、Dragon族の持つWSを全て挙げてみると
ウィンドブレス、ポイズンブレス、フレイムブレス
無の歌、棘の歌、ペトロアイズ、カオスブレード、鉛の歌
ヘビーストンプ、ボディプレスと、何と10種類も数がある。
この中で使用に足るのは、ヘビーストンプとボディプレスだと思う。
ヘビーストンプは知らないけど、ボディプレスは強いWSと言っていい。
高威力(3倍撃くらい)な上に、後方に下がろうが避けることは不可能。
予備動作が大きいことを除けば、かなり優秀なWSだと思われる。

問題は他のWSで、無の歌は使いどころがあるから、まだ許せる。
けど鉛の歌でグラビデ効果って、お前それ全然意味無いから…。
ブレスはブレスで基本威力低い上に、威力が残りHPに依存するようで
HP減ってる終盤にブレス吐いて0ダメとか、平気でやってくれるからね。
ペトロアイズも決まればいいけど、避けられるから当てには出来ないし。
カオスブレードもHP1/4減じゃなく、常識的に考えてHP1/2減だろうから
開幕に撃てるならともかく、WS撃てる中盤に撃っても意味が無さそう。
棘の歌の反撃効果も、大したダメージじゃないだろうしなあ。

それらのことを考えた末に、Dragon族にはボディプレスか
ヘビーストンプを撃たせるのが勝利の鍵だろうって結論に達した。
元々の性格がとてとて理性的かつ、とてとて守備的と言う
Dragon族にあるまじき平和主義者なお利口さんだったので
今はとてとて野生+とてとて攻撃的な脳筋を目指して調教している。
初めは鉛の歌しかせず、レベル下の相手にも負けて大変だったんだけど
それなりにボディプレスを撃つようにもなったし、なかなか悪くない。
うまく使用WSを固定できるようになったら、上位にいけるかもね。
大分育ったら、ミミックとかウィヴル辺りも育ててみよう。

そう言えば、ステージ4は参加できれば確実に経験値100貰えるからか
結構参加してる人も多いようだけど、最初は1~3が良いと思った。
経験値貰うにしても、1~3でもそこそこ経験値は入るわけだし。
ある程度強さが近い相手なら、魔獣の訓練度上げるのに便利ってのもある。
訓練度上げないうちに強くなると、自分が強くて周りが弱いから
試合がすぐ終わちゃって訓練度上げるのに苦労するんじゃないかなー。
何より実装されたばっかりだし、いきなり経験値上げの作業に入るより
適当に遊んでみて、楽しむのが一番いいと思う。

それ以前にトレードオンラインで参加できねーよ!って人。
エントリー出来てる人は、それなりに工夫をしているので
やっぱり同じ土俵に立たないと、なかなか難しいかもしれないねー。
Willさんがそのことに少し触れてるので、紹介しておく。
トレードマクロは受付の人をタゲって

/item 公式魔獣鏡
/wait 1
/item 公式魔獣鏡
/wait 1
/item 公式魔獣鏡

こんなんでもいいかもしれないね。
ちなみに私はマクロとか使わず、普通にトレードでエントリーしている

これだけじゃアレなので、一つテクニカルなことを書いておこう。
第一の関門、エントリーは出来た!けど相手の情報を見てみたら
対戦相手はxxxxxx。種族はリザード族、レベルは3です。
だと、「ちょwwwwレベル3はねーよwwwww」とかなるじゃん。
向こうからすれば経験値は入るし、まだいいのかもしれないけど
こっちからすると経験値は入らないし、あんまりやるメリットが無い。
そうするとエントリーを消して、対戦相手を変えるわけだけど
普通に取り消すと、確実に再エントリー出来るかどうか分からない。

そこで、エントリーを取り消す最良のタイミングを書いておく。
それは、試合が終わって「しばらく休憩を挟みます」と出た少し後。
参加枠がいっぱいの時は、試合が終わって参加枠が2つ空いた時に
初めてエントリー出来るようになるのだけど、その瞬間を狙う。
つまり、もともと自分の参加枠だったところに他の人を入れて
自分は新たに設けられる参加枠にエントリーし直す、って言うこと。
こうすることで、確実に自分の対戦者を変えることが出来るわけ。

この方法は、他のエントリー者が偽の参加枠に時間を取られるので
ほぼ確実に新規枠のエントリーで先手を取ることが出来るのと
他エントリー者に参加受付が終わったと「誤解させられる」こと。
それに加えて、やっている本人以外には新規の枠か偽の枠か判別出来ず
対処の仕様が無いので、非常に効果的な方法じゃないかと思う。
ちょっと卑怯っぽいけど、でも戦闘ポジションだから問題ない。
文句を言うのは素人と思われる。

…冗談はやめて、まぁあんまりいいことではないかなとは思う。
でも今の経験値の仕様上、どうしてもやらざるを得ないんだよなあ。
もし□eが対策するとしたら、エントリー取り消したら
次の試合が終わるまでエントリー禁止とか制限を課すくらいだろうね。
結構要望として見るけど、闘技場をレベル別に分けてくれれば
こう言うレベル差の問題とかも防げるようになるのに。
まあまだ導入されたばっかりだし、エントリーの件も含めて
今後改善されていくことを期待したいところかなー。

それよりあの動画の解説をしろって?わかったよ!次の記事でやるよ!



解析で見つけた面白い魔獣
死の撮影旅行-レアグラフィックモンスターゲットの旅
(DiudiuさんのDiudiuのFFXI日記より)

赤蜘蛛のグラフィック反映されるのは知ってたけど
子蜘蛛のちっちゃい奴も反映されるんだね。面白い。
09

12

01:30
Wed
2007

No.0356

戦場のカメラマン

20070912a.jpg
いや、まあ最初に撮るのはやっぱりこいつだろうと。

20070912b.jpg
パシャリ。

20070912c..jpg
パシャリ。

13枚くらい撮ることが出来た。2回死んだけど。
初期レベルが9で、初期FPが26の戦/黒。
獣性は物理攻撃力+15%、無属性攻撃力アップ、デーモンキラー
特殊ダメージ耐性アップ、特殊ダメージ耐性+15%だったかな。
アッシュドラゴンだし、これはつえーだろ!と思って
喜び勇んで闘技場に出してみたら、レベル12のコースにやられた。

どうやらNMを写真に撮ってもあまり意味がないようで、俺は深い悲しみに包まれた。
09

09

20:42
Sun
2007

No.0355

フードファイター

傭兵階級の最高位である「大尉」は、全アサルト制覇が条件らしいね。
大尉になると移送の幻灯が無料で使えたり、色々お得になるせいか
前までは見向きもされなかったアサルトのシャウトが増えた気がする。
これを機に、階級が低い人も昇進しやすくなるといいけどねー。

私も少尉に昇進し、ペルデュブレードもらってからと言うもの
サボりにサボりまくっていたので、まだ中尉にすらなれていない。
やっぱり私もお得と言う言葉には弱い、しがない小市民であるので
まずは中尉を目指し、未クリアのアサルトを消化することにした。
今回はその中の一つ、「レベロス補給作戦」のお話。

このアサルトは、一等傭兵のアサルトだと言うのに
実装直後は超絶難易度を誇ったアサルトだったようで
敬遠してクリアしてない人も、結構な数いるんじゃないかと思う。
私もクリアしてなかったので、主催して人集めを考えていたところ
偶然にも募集シャウトがあったので、それに乗っかることにした。

Wikiを見ると長々と説明が書いてあって、難しそうに思うのだけど
やることは、「エリアにいる兵士に食料を持って行く」。ただそれだけ。
スタート地点にいる人に話しかけて、各自食事を受け取ったら
Wikiにある、素晴らしい書き込みマップを参照しながら持って行く。
食料を渡してみて、「君のおかげでお腹いっぱいさ!」
みたいなことを言えば、そいつはそれで終わり。
スタート地点へ戻り、食料を受け取ったら他の人へ持って行く。
言わなければ、そいつが満足するまで食料を持って行く。
それを繰り返して、全員の腹をいっぱいにしてやれば終わり。
中には「飯まだ?全然足らないんスけど?」と言わんばかりに
食料を要求しまくってくるピッツァ野郎がいるので、そこは注意だ。

20070909a.jpg

やり方としては、書き込みマップを見れば分かるように
東西南北(正確には南東、北西、南、北)に配置されているので
四手や二手に分かれて進めていく方法も、ありだと思う。
私がやった時は南→北→西→東と、全員で渡すことにした。
ただ、兵士は満腹の状態でも食料を受け取り続けるので
そのやり方だと無駄に食料を渡さないように、工夫が必要かも。
一番簡単なのは、兵士は盾のグラフィックで区別が付くので
十字トゲとして、兵士の満腹状況を報告し合うのが良いと思う。
あ、道中に見破り有りの芋虫がいるけど普通に避けれるから問題無し。
(画像はFFXI-Graphipediaより)

大体残り10分の表示が出たところで、作戦終了のメッセージが。
編成が忍忍忍忍忍青だったこともあったのか、余裕は結構あったし
考えていたよりは、全然簡単にクリアすることが出来たと思う。
パウダーブーツとか、サポシならレベル、編成は問わないんじゃないかな。

ところで、渡さず残ったバイソンステーキはどうすればいいんだい?

・・・


20070909b.jpg

うめぇwwwwwwwwwwwwwwww

何と、普通に食べられることが判明した。
もらえる食糧は、豆のスープ、バイソンジャーキー
白パン、クァールサンド、バイソンステーキの5種類らしい。
食べても捨てても、食料は何度でももらうことが出来るようなので
アサルト終了間際にでもバイソンステーキをもらえるまで粘れば
両手武器ジョブの人たちは、色んな意味で美味しい思いが出来そう。
サンクションで食事効果延長つけてれば、6時間半も・・・。
まぁ、バイソンステーキだからそれほどの事でも無さそうだけどね。
これがドラゴンステーキとか、レッドカレーなら違っただろうなあ。

あ、もしここに書いてあるような事を試してみて、ネ実とか鯖スレで
[同情するなら]で、でたー!食事の為にアサルトをする○○○w[金をくれ]
とか言うスレが立ったり、晒されても私は一切関知しません。
自己責任でよろしく!



ついでに効果切れたら勿体ないので、神サソリBFに行ってきた結果。
私は5番目。

20070909c.jpg

20070909d.jpg

20070909e.jpg

20070909f.jpg

20070909g.jpg

20070909h.jpg

何このクソゲー
09

07

14:17
Fri
2007

No.0354

頂き物置場手直し

頂き物置場があまりに意味を為して無かったので、改良。
これで前よりは確実に見栄えは良くなったはず!

>イラスト作者の皆様
こう言う転載の仕方にしてみたんですが、どうでしょうか?
09

05

12:41
Wed
2007

No.0353

それじゃ、と彼は手を振って

BRANCH's branchの、ブランちさんからイラストを頂いた。

jval.jpg

※該当記事が消えてたので転載しました。問題があるようでしたら、ご連絡下さい。

これは素晴らしすぐる!思わず小躍りしそうになるくらい嬉しい。
こんなに素敵なイラストに仕上げてもらえるなんて、感無量だなあ。
うれしいのうwwwwwwうれしいのうwwwwww
そんなBRANCH's branch、内容整理のために8月で休止になった。
9月になったばかりだと言うのに、早くも再開が待ち遠しいわー。
まあ、待った分だけ再開した時の喜びも、ひとしおに違いない。
ブラんちさんの美麗なイラストが再び見れるのを、楽しみに待ってます。

そしてもう一人。こう言う事は続くもんなのだろうかね。
うちのリンクリストにもある、TLW$TWのFashionさん。
こちらの方は一時休止ではなく、完全に更新停止となるようだ。
ブログを通じて知って以来、毎日の更新が楽しみだっただけに
Fashionさんの書くテキストが読め無くなると思うと、寂しい限り。

でも、これだけ綺麗な「終わり」を迎えたところを、私は他に知らない。
それを「寂しい」と言う言葉で締め括るには、少々辛気臭い気がする。
やはりここは、笑顔で送り出すのがいいんじゃないかなーと思った。
そうだ、きっとそれがいい。そうしましょう、そうしましょう。

--------

いつも楽しい記事ありがとうございました。
リンクリストにTLW$TWの更新マークが付く度に、わくわくしたものです。
自虐や妄想を、単なるネタじゃなく笑いに昇華する技術には感服しました。
Fashionさんのテキストで、元気づけられた人も数多くいるでしょう。
私もその中の一人であり、いろいろ学ばせて頂きました。
改めて、心からお礼を言いたいと思います。ありがとう。

更新停止と言うことで、リンクの方は一応外しておきます。
恐らく、あの〆方だと更新再開は無さそうに思えますが
Fashionさんの気紛れで、新ブログでも開設する時はご一報下さい。
2年の間、更新お疲れ様でした!
09

03

19:14
Mon
2007

No.0352

きが くるっとる

帰ってみたら、こんなコメントが。

件名 : 変態の装備

FFXI歴史の上で最も変態の装備.
意外にも1つの国民中学校に出て手を生みます!!
詳細はリンク先ページを参照下さい。

URL : http://xxx.xxx.xxx(←多分業者の罠サイト。踏んだ人はこちら)
09

02

22:06
Sun
2007

No.0350

アトルガンミッション終章

行ってきましたよ。重い腰を上げて。
一応ミッションくらいはやっておくか!ってね。
これ今回は結構難しめのBFじゃないかと思う。
参考になることを願って、攻略情報などを折り込みに。

見たくない人はアフマウのSSでもご堪能下さい。

20070902a.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。