--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08

08

13:32
Wed
2007

No.0338

聖牛リターンズ

過去動画再アップについての記事を書いてみたところ
遁術禁止聖牛ソロ動画の再アップ要望をTOKOさんから頂いた。
TOKOさんは一般的にメジャーなやり方である遁術回しではなく
タルタルながらガチ殴りで倒そうと挑戦している方である。
ただ、何分種族的不利もあり、なかなか芳しい結果が得られず
今後挑戦する上で参考にしたい為、再公開して欲しいとのことだった。

過去動画はまだ残っているので、それを再公開すれば済む話なのだけど
GameCamLiteでの撮影で音が入っておらず、見ていて詰らないことと
何より撮影したのがソロ駆け出しの頃で、今とは経験も考えも違いがある。
よって今回、新たに撮り直すことにした。

20070808a.jpg

聖牛攻略についての基本情報はMaxilさんのこの記事を。
聖牛には4種類のモードがあり、物理攻撃が効く時もあるにはあるが
総じて言えることとしては、堅い。殴ってみても、とにかくダメが通らない。
物理カット持ちと言うこともあるけど、単純に防御力が途方もないのだろう。
よって、攻防関数が+1.0される、クリティカルが有効であるように思える。
それを踏まえて、この記事でTOKOさんにアドバイスしてみた。
このDEX110前後と言うのは、敵の種族、ジョブから推定されるステータスと
DEX-AGI差とCRT率との関係から導き出された値である。

とは言え、NMなのでこの計算結果が当てはまらない可能性はある。
今回はそれを確かめるのも兼ねて、装備を調整して臨んだ。
前回は削りを重視してバーサク、Dアタックのあるサポ戦士を選んだが
今回はサポシで回避アップを計り、それで浮いた装備による回避+を
胴をスコピオハーネス+1から麒麟大袖へと変えることで
DEX+10,STR+10によるCRT率、固定ダメージの増加を目指した。
尚、この時のDEX値は113で、CRT率はキャップすると予想される。

装備とサポ以外の違いは、中の人のプレイスキルとマクロ、立ち回り。
マクロは空蝉マクロが変更されてる点を除いて、大きな違いは無い。
立ち回りについては、術をかけ直すタイミングを特に意識してみた。
前回の動画では、弱体忍術が切れたら即かけ直しをしている(と思う)が
今回は暗闇の術のみ効果が切れた時点でかけ直しを行っている。
これは、物理有効時に忍術かけ直しによる手数の低下を懸念してのことで
極力忍術のかけ直しは無敵とディフェンダーモード時に行ってみた。
特に呪縛は効果時間が短い事もあり、モード終了直前にかけ直した。
プレイスキルの違いについては、正直よく分からなかった。進歩無し。

20070808b.jpg
アッー!喰われるッー!

そして結果はと言えば、これらの変更が効いたのか時間短縮に成功。
モード運もあるとは思うが、全てがプラス寄りに働いたように思える。
気になるCRT率についてもRepでは26.9%と、予想通りの結果となった。
(不動二刀流なので、素のCRT率は26.9-3.0=23.9%。ほぼキャップ値)
被ダメはマイティスノート2発のみで、被弾は0回。
結果からすると薬品無しでも倒すことは可能ではあるが
事故で被弾の可能性がある以上、HPは1000以上をキープしておきたい。
一発耐えれるのと即死とでは、天と地以上の差があるのだから。
回復のタイミングは忍術と同じく、無敵モード時が一番良いと思う。

動画はこちら。安定し過ぎて見所は無く、長いだけの動画。
楽しみ方としては、過去の動画をファイルバンクに再アップしたので
今と昔の立ち回りの違いを比べてみるのがいいんじゃないかと思う。
ファイルバンクのHolycow.aviが遁術を禁止した聖牛動画で
Holycow.wmvは空蝉のみ使用の聖牛動画である。こちらは音量に注意。
どちらも1週間で消えて、Holycow.aviは再アップの予定は無いので
興味がある方はファイルが消える前にダウンロードして頂きたい。
何か質問でもあればコメントでどうぞ。

て言うかいつものことだけど戦利品何とかしろ!
ギガントマントのマの字すらねえよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。