--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08

16

17:14
Thu
2007

No.0340

\いいですとも!/

ちょっと前にニコニコ動画の方で話題になった、FF4の動画があった。
それがこれ↓、「とてもいやな名前でFF4」。



FF4のストーリーはそのままに、登場人物の名前をタイトル通り
「いやな名前」に変更して、最後までプレイしている動画。
FF4のストーリーと、会話中で交わされる「いやな名前」とのギャップが
シュールな面白さを醸し出し、ゲームカテゴリで人気を博した。

その陰で、もう一つFF4の改造動画がある。
それがこの「FF4 ゴルベーザプレイ」だ。
今回はこれを簡単に紹介したい。



上の「いやな名前」シリーズとは趣向が違っていて
FF4の主人公「セシル」と、その敵対関係にある「ゴルベーザ」を
入れ替えるだけに止まらず、ストーリーそのものに大幅な改変を加えている。
この手のテキスト改編モノは作者のセンスに左右されるので
下手すると目も当てられない出来になってしまうのだけど
このゴルベーザプレイに関しては、作者のセンスが光る作品だと思う。
なんつっても、登場人物の設定が物凄い。以下、登場人物の説明。

ゴルベーザ
あんこくw。何故か主人公になってしまった元悪役。いいですとも!が口癖。
ロリコンだったり、カインとただれた関係だったりと、謎が多い。

カイン
ガリ。ゴルベーザの親友で、序盤では常識人かと思われた。
が、後にM属性があることが判明し、ローザの犬となる。

ローザ
管理局の白い悪魔。ゴルベーザと表面上は恋人の間柄で、「~なの」が口癖。
見た目とは裏腹に腹の底はドス黒く、怒らせるとヤバいことになる。

リディア
ょぅι"ょ。ゴルベーザによって、村を焼き払われる。
ゴルベーザに見染められ、妹認定されてしまう。

テラ
投資家。その国に来る景気の波を読むことができ、一応魔法も使える。
娘のアンナがダムシアンのコスプレ喫茶に働きに出たため、連れ返しに来た。

ギルバート
ダムシアンの王子…とは名ばかりの、真正ニート。働く気がまるで無い。
アンナのヒモだったが、アンナの死を境に更生する様子も全くない。音痴。

ヤン
ガチホモ。妻(?)持ち。アッーな言葉に敏感に反応し、言動が怪しい。
祖国のファブールは、国を挙げてイイ男を歓迎する(性的な意味で)。

ポロム
ツンデレ。あんまり出番が無い。

シド
ネトゲ廃人。飛空挺整備の傍ら、FF11をプレイしてハマってしまった。
オンラインではネカマであり、ファブのポップ待ちが日課。

これは何と言うラインナップ…。普通人が逆に異常に見えてしまう。

また、個性的すぎるキャラクターだけが見所ではなく、話も面白い。
「いやな名前」も、名前がハマった時の爆発力は凄まじい物があるけど
合わないときはそれ程でもないところがちょっと気にはなった。
一方こちらは話も一貫して作られており、安心して最後まで見れる。
作者のレパートリーが膨大で、随所に仕込まれたネタも秀逸。
むしろ、ネタがコアすぎて分からない部分もあるけどね。

まあ、「いやな名前」も「ゴルベーザプレイ」も
原作であるFF4をプレイしてない人には楽しみにくいかもしれないけど
どちらも一回見ておくだけの価値はあると思うので、見てみて欲しい。

それじゃ、次回も見てくれるかな?
\いいですともー!/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。